第67回NHK紅白歌合戦

 【第67回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル2日目、NHKホール】V6の井ノ原快彦が、今年の紅白で白組司会を務める嵐の相葉雅紀にエールを送るとともに、年内で解散するSMAPへ「ありがとうの一言しかない」と語った。

 昨年の紅白で白組司会を務めた井ノ原。先輩としてアドバイスを聞く姿勢だったが「まったく求められなくて」と肩透かしを喰らったようで「なんでも聞いてくれってスタンスだったんだけど…」と自虐して笑わせた。

 ただ、相葉を「何も心配していない」ことを強調。「貫禄が増している気がした」と後輩の活躍に太鼓判を押していた。

 また、井ノ原は、紅白出場を辞退し、年内をもって解散することを発表しているSMAPについても言及。「ありがとうの一言しかない」としみじみと語ると「SMAPがいなかったら僕らここまで来てないかもしれない。道を作ってくれた」と最大級のリスペクトを口にした。

 そして、SMAPメンバーがフジテレビ系『SMAP×SMAP』で、東日本大震災や熊本地震への義援金を最終回の放送まで呼び掛け続けたことを持ち出し、「最後までやっていた。その精神は受け継いでいかないといけない」と敬意をこめて語っていた。(取材・小野眞三)

記事タグ