リハ後の囲み取材に応じた西野カナ

 【第67回NHK紅白歌合戦、28日、リハーサル初日、NHKホール】シンガーソングライターの西野カナが「Dear Bride」の音合わせを終え、囲み取材に応じた。

 本番では、女子レスリング日本代表の伊調馨選手、登坂絵莉選手に加え、吉田沙保里選手が西野の応援ゲストとして登場する予定。

 同じ三重県出身の吉田選手について西野は「三重県民にとって吉田選手は、ヒロイン的存在。活力をもらっています」と吉田選手の存在自体が西野を元気付けていると語った。

 今回、衣装に真っ赤なドレスで挑む西野は「27歳になったので大人の赤をイメージしました」とコメント。来年デビュー10年目を迎えるが「今年はライブをたくさんおこなってきたので、来年はそれを活かした活動をしていきたい」と節目に向かって意気込みを述べた。

記事タグ