秋元真夏

 第67回NHK紅白歌合戦のリハーサルが28日、NHKホールで開催され、乃木坂46秋元真夏が、妹分・欅坂46との「坂道旋風」に意気込んだ。

 昨年初出場を飾った乃木坂46。2年連続となる今年の紅白では、来年卒業することを発表している橋本奈々未がセンターを務める「サヨナラの意味」を歌唱する。この日のリハーサル後には、囲み取材がおこなわれた。

 今年でグループ結成5周年を迎えた一年を振り返った秋元は、「メンバー個々で活動させてもらうことが多くなった」と今年一年の変化を実感し、「3期生も入ってきて、一緒に活動してパワーアップできたら」と意気込みを伝えた。

 今年の紅白では" 坂道シリーズ″の妹分である欅坂46が初出場する。秋元は「2017年は″坂道″旋風をまず日本で、世界くらいの勢いでガンガン突き進んでいきたい」と野心を口にし、紅白本番のステージに照準を合わせていた。

 白石麻衣は妹分・欅坂46と″坂道シリーズ″の2グループが出場できることに感謝。「紅白で最高のパフォーマンスを見せたい」と意気込みを伝えた。(取材・小野眞三)

この記事の写真

記事タグ