『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』の配信開始記念イベントに参加した出演者(撮影・松尾模糊)

 歌手で俳優のつるの剛士と杉村太陽らが26日、東京・池袋サンシャインシティでおこなわれた、Amazonオリジナル『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』配信開始記念イベントに出席した。オープニング(OP)曲「ULTRAMAN ORB」を歌うつるのは「ウルトラマンが歌えば説得力もあるのかな」と作曲を担当した音楽プロデューサーの浅倉大介とのやりとりを明かした。

 特撮ヒーロードラマ『ウルトラマン』シリーズ最新作である『ウルトラマンオーブ』のスピンオフドラマ。26日に配信が始まったことを受けてこの日、イベントが催され、つるの剛士をはじめ、クレナイガイを演じる主演の石黒英雄、ウルトラマンコスモスの春野ムサシ演じる杉浦太陽らがそれぞれ役柄の衣装で登場し、撮影での話やウルトラマンシリーズについての想いを語った。つるのはOP曲の歌唱だけでなく、劇中でウルトラマンダイナのアスカ・シンを演じている。

 今作のオープニング曲である「ULTRAMAN ORB」は、音楽プロデューサーの浅倉大介が作曲し、つるのが歌っている。会場では同曲の一部が流された。

 つるのは「最初に聴いたときは、キーが高くて大丈夫かな、と思いました。でも、スタジオでは凄く楽しくレコーディングさせて頂きました」と当初は自信がなかったことを告白。浅倉とのやりとりでは「ウルトラマンがウルトラマンのOP曲を歌えば、説得力もあるかな」という話も飛び出たとも。一方で「カラオケで歌うなら、キーが高いので、少しキーを下げて歌って頂きたいと思います」とのアドバイスも送った。

 今作の監督を務めた小中和哉氏は「出演者と、スタッフみんなで一生懸命作った作品です。宜しくお願いします」と挨拶。その小中氏はつるのが20年前に主演を務めた『ウルトラマンダイナ』の第1話の監督でもある。つるのは「小中監督は僕をウルトラマンにしてくれた方なので、感慨深いです」と当時を懐かしんだ。

 今作の主役であるガイ(ウルトラマンオーブ)を演じた石黒は「出演者みんな仲良くて、LINEでもグループ作って話しているんですよ」と出演者の仲睦まじい様子を明かした。

 王立惑星カノンの女王アマテ役を演じた福田沙紀は『ウルトラマンダイナ』の大ファンだったという。その福田の印象を、つるのは「以前番組で共演した時に、熊本のイベントで握手してもらったんです、と言われてね。沙紀ちゃんの“ダイナ愛”が凄くて」と紹介。さらに「何年か経って、まさに自分が出演して共演するなんて、改めて、ウルトラマンは不変なんだなあ、と思いました」と感慨深い表情。

 これに対して福田は「あの時はまさか、自分がウルトラマンシリーズに出演できるなんて思わなかったです。自分がウルトラマンダイナを観て20年後、出演できました。信じてやってきて良かったです」と憧れの舞台に立てたことを喜んだ。

 つるの、そして杉浦太陽、円谷プロの社長である大岡新一氏は過去にベスト・ファーザー イエローリボン賞を獲っている。杉浦は石黒に対し「まだまだ先だと思うけど、良いお父さんになるんだよ」と受賞を想定してのアドバイスを送くると、石黒は「最近子どもたちと触れ合う機会が多いので、自分の子どもが欲しくなりますね」と返し、まんざらでもない様子を見せた。(取材・松尾模糊)

記事タグ