歌手のASKAが24日にYouTube上で公開した新曲「FUKUOKA」の動画再生数が26日、70万回を超えた。同曲に寄せる視聴者からのコメント数も1900件を超え、2000件に達しようとしている。

 ASKAは24日付自身のブログに「Merry Christmas!!!!」というタイトルで、新曲を公開したYouTubeのリンクを貼りつけるとともに、歌詞を添えた。

 動画再生数は25日午前6時の時点では2万7000回だったが、その後、複数のメディアで報じられたことで知れ渡り、26日朝の時点で50万回を超え、その後も再生され続け、26日午後4時の時点で75万回に達しようとしている。

 新曲は、故郷・福岡を歌ったバラードで、約4分40秒の長さ。サウンドはピアノとアコースティックギターのシンプルなものだが、ASKAの滑らかでいて粘り気のある歌声が、歌詞の世界観を惹き立てている。

 動画を通じて同曲を耳に触れた視聴者からは「相変わらずの素敵な歌声」「涙が止まらない」「心に響く」など、率直に楽曲と歌声を評価する声が多数寄せられている。

 ASKAは覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、今月19日に、嫌疑不十分で不起訴処分となった。釈放後にブログで「「みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」とアルバム制作への意気込みを綴っていた。

 今回公開された新曲は、現在制作中とされているアルバム『Too many people』の収録曲だという。

記事タグ