三代目 J Soul Brothersは24日、公式サイトを通じ、24日・25日に予定していた札幌公演を中止すると発表した。ライブに出演する予定のPKCZ(R)メンバー3人が陸路で移動中に事故に遭い負傷。怪我の状況からライブはおこなえないとし「ライブ構成の変更も困難」などの理由で、開催を回避することを決定した。

 公式サイトで、「12/24・25の札幌公演中止に関してのお知らせ」と題したコメントを発表した三代目JSBは、ライブ開催の回避に至った理由を報告した。

 ファンや関係者への日頃の感謝を綴った後、「この度、12/24・25開催の三代目J Soul Brothers “METROPOLIZ”札幌公演へ出演予定でありましたPKCZ(R)メンバー3人とスタッフ3人が昨日23日に札幌へ移動予定でしたが、悪天候により札幌へ向う飛行機が欠航となったため、急遽、新幹線で函館へ向かうことになりました」と、PKCZ(R)メンバーやスタッフが現地プロモーターの手配で陸路で函館に向かうことになったという。

 しかしその道中、「車両との接触事故にあいました。PKCZ(R)メンバー3人とスタッフ3人、及び運転手の方は病院に搬送され検査を受け命に別条はありませんでしたが、怪我の状況を医師とも相談した結果ライブを行える状況ではございませんでした」と、公演でパフォーマンスを披露できる状態ではないとの判断に至ったことを明かした。

 そして、メンバーやスタッフらで協議した結果、「ライブ構成の変更も困難であり、そして何よりも、今まで一緒にライブを行ってきた仲間がこのような状況ではライブを実施することはできないとの判断で、残念ながら札幌公演を中止することを決定させていただきました」とライブ開催を中止せざるを得ないことを報告した。

 三代目JSBの札幌公演は、24日・25日のクリスマスイブ、クリスマスの両日に開催されることになっていた。そのため、この報告を知ったライブ参加予定だったファンらは続々とツイッターで心境を発信している。

 ツイッター上には「クリスマスに会えないとかやだよ」「悲しいクリスマス」「人生最悪のクリスマス」「いろいろ悔やんでしまうけど悔やんでもしょうがないよね…いろいろショックすぎて立ち直れない」「ずっと楽しみに待ってたLIVE頑張って中止なんて…」などと悲鳴が挙がった。

 ただ「メンバー無事で良かった」「PKCZ(R)とスタッフさんと運転手さん大丈夫かな…」「けがなくて本当によかった」などと負傷したメンバーらを気遣うコメントも多数寄せられている。

 公式サイトでは、「振替公演、チケットの払い戻しなど、今後の対応に関しましては早急に協議の上、確定次第、発表させていただきます」とメッセージを伝えている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)