覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されていた歌手のASKAが19日、嫌疑不十分で不起訴処分となった。釈放後に「無罪です」との書き出しでブログを更新したASKAは「みなさん、信じてくれてありがとう」などと綴り、ファンや関係者にメッセージを寄せている。

 釈放後、「不起訴です」とのタイトルを付けて、早速自身のブログを更新したASKA。「無罪です。様々なことは、また、改めて書かせていただきます。すべての行動には、理由があります。いまは、それしかお伝えできません」と意味深なコメントを綴りながら、ファンに不起訴処分となったことを報告した。

 そして、「予定が、20日間もズレてしまいました。こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」とアルバム制作への意気込みを綴り、「今日は、少し疲れてます。おやすむね」(原文ママ)と現在の心境を率直に記した。

 さらに、「まだ、パソコンを返してもらっていないので、初めてiPhoneからのエントリーです」と断りを入れたASKAは最後に、「みなさん、信じてくれてありがとう」とファンに感謝のコメントを寄せている。

 ASKAがブログを更新したのは逮捕された11月28日以来。その更新では、「もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです」などと綴り、自身の潔白を主張していた。

記事タグ