嵐の櫻井翔(34)が、いまだに不仲説が拭われていないという滝沢秀明(34)との新年会を提案した。15日に放送されたTBS系『櫻井・有吉 THE夜会』で呼びかけたもので、同番組の企画で過去に共演した際に、互いの連絡先を交換するもあまり連絡を取り合っていない状況に櫻井は「不仲説がまだ尾を引きずってます」とし「改めて新年会をやりたいと思います」と語った。

 15日に放送されたTBS系『櫻井・有吉 THE夜会』では「イケメン&美女たちの世間がざわついた最強掲示板SP!」と題して特別企画が届けられた。今年、同番組に出演してきたゲストが、放送後の反響について語った。

 このなかで滝沢は同番組にVTR出演した。デビュー後、13年間バラエティ番組でも共演したことが一切なく、不仲説がささやかれていた番組MCの櫻井と滝沢。番組では5カ月前に2人がサシで飲むという、ロケをおこなっている。

 放送では冒頭の未公開映像も公開。20年間プライベートでも接点がなかった2人。櫻井は「1度だけタッキー(滝沢秀明)の家に行ったことがある。お母さんと、お兄さんにも会った」と滝沢も記憶にない過去のエピソードを語っていた。

 滝沢は番組の取材を受け、放送後の反響を報告。「色んな人から連絡がありましたね」と話し、嵐の松本潤(33)が一番最初に「行ったの?!」と驚きの連絡を寄こしたという。ロケとは言え、サシで飲んだということに驚いていたという。

 また、櫻井はジャニーズ・Jr時代からリーダーとして第一線で活躍していた滝沢を、意識的に避けていたことを明かした。滝沢も当時は周りの嫉妬を感じることが多く、全てが敵に見えていたとも。

 その後、連絡先を互いに交換したという2人だが、あまり連絡は取っていないようだ。滝沢は自身のディナーショーに櫻井を誘ったが、その日は櫻井も嵐のライブを控えているため、この共演は実現しなかった。

 櫻井は「タッキー、不仲説がまだ尾を引きずってますので、改めて新年会をやりたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。良いお年を」と未だ解消されない不仲説を振り払うために、一席設けることを提案した。

 放送後、視聴者からはツイッターなどで「翔くんとタッキーの空気感っていい感じだよね」「2人の関係気になる…」などの声が見られた。

記事タグ