ファンの間で「最高だ!」と話題を集めている家入&ももクロ百田&℃-ute鈴木の同級生3ショット(家入レオのインスタグラムより)

 歌手の家入レオ、ももいろクローバーZの百田夏菜子、℃-uteの鈴木愛理の“同級生ショット”が好評だ。14日放送の『2016 FNS歌謡祭 第2夜』で実現した夢のコラボレーションには、ファンから「3人ともキラキラ」「22歳の輝きが眩しかったです」などと感激の声が挙がった。

 14日に自身のインスタグラムを更新した家入。同日放送された「FNS歌謡祭」で同じ高校の同級生である百田、鈴木と共演し、家入の楽曲『僕たちの未来』をコラボ歌唱したことを報告。そして、「学校で会っていた子たちにステージで会う不思議。笑 楽しかったな!」とコメントを付けて、笑顔の3ショット写真を公開した。

 番組では、司会のアンジャッシュ渡部建が、3人が高校の同級生であることを紹介。百田は「愛理は優等生で、入学式とか卒業式とか、みんなの前に立って言ってました」と語り、鈴木は照れた様子で百田の背中を叩くと、家入は「百田ちゃんは学園のアイドルでしたね」と明かし、今度は百田が照れ笑いを浮かべた。

 さらに、鈴木は家入について話し、「レオちゃんは、私服登校がOKな学校だったんですけど、私服から家入レオって感じが」とそのイメージを語るなど、それぞれの高校時代を回顧。そして、コラボ歌唱では、真ん中に家入、左に百田、右に鈴木が立ち、3人は視線を絡ませ、楽しそうな笑顔を見せながら力強い歌声を響かせた。

 この3ショットにファンは感激した様子。「最高だよ~」「3人ともキラキラしてて楽しそうで」「22歳の輝きが眩しかったです」「同級生と同じステージで歌うって凄いよね」「なかなか珍しいメンツでのコラボ」などと反響の声を続々と挙げた。

 さらに、歌唱した楽曲は『僕たちの未来』。先を見据えて前向きに生きていく気持ちが込められた楽曲を歌い上げたことに、「3人それぞれ活躍しながらの、同級生コラボ、僕たちの未來がしっくりきました」と歌のメッセージと現実がリンクしていると感激するファンの姿も見られている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)