20th Centuryが来年1月16日に、NHK BSプレミアムで放送される『The Covers(カバーズ)』に初出演する。20th CenturyはV6坂本昌行(45)、長野博(44)、井ノ原快彦(40)の3人によるグループ。番組では、山口百恵の「絶体絶命」と少年隊の「まいったネ 今夜」をカバーする。トークでは少年隊のバックダンサーをしていた3人のエピソードも登場する。

 同番組はゲスト出演するアーティストが思い入れのある曲をカバーで披露する音楽番組。その曲にまつわるエピソードなども番組MCを務めるマルチタレントのリリー・フランキーと、女優の仲里依紗とともに語られる。

 今回、20th Centuryが歌うカバー曲は、山口百恵の1978年の「絶体絶命」と少年隊の1989年のナンバー「まいったネ 今夜」の2曲。どちらも3人にとって思い出深い曲であり、番組では初めて“振り付け”も含めたカバーを披露する。豪華なバンドを背負い、生演奏で艶やかなパフォーマンスを繰り広げる。

 山口百恵の「絶体絶命」は、人間模様の“三角関係”が描かれた1曲。一見、意外な選曲のようだが、彼らには思い出深いエピソードがあるという。趣向を凝らした演出の中、女性詞を艶やかに歌い上げるトニセン(20th Century)の新たな魅力に注目。

 少年隊の「まいったネ 今夜」は、デビュー前に少年隊のバックダンサーをしていた3人ならではのエピソードを交えてお届けする。ストリングスやブラス隊など含む大編成による生演奏とダンスパフォーマンスの融合は圧巻。ジャジーで大人の魅力が光る演出となっている。

 さらに、トニセンのオリジナル曲「不惑」も披露。全員が40代に突入した、今の彼らだからこそ歌える、心に響くナンバー。番組ならではのアレンジで披露する。トニセンの今の魅力が詰まった1曲。

■番組情報

『The Covers』
20th Century
日時:2017年1月16日23時15分~23時45分
NHK BSプレミアム

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)