京都・建仁寺で初上映会をおこなった三代目JSB山下健二郎

 三代目 J Soul Brothersの山下健二郎が13日、京都最古の禅寺・建仁寺でおこなわれた、Amazonプライム・ビデオで配信中の出演ドラマ『福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-』の先行上映会に出席した。800年の歴史を有する建仁寺で上映会が開かれたのは初めてだという。

 23年在住した京都に凱旋を果たした山下は「京都に住んでいたときは、京都の風情のある場所などになかなか行けなかったのですが、京都を離れて東京に住み始め、また改めて地元に帰ってくると京都の良さをすごく感じます」と語った。

 イベントでは150人の観客が集まるなか、凛々しい着物姿で登場した山下は「地元の京都でこのようなイベントを開催する機会がなく、このドラマが初めてだったのですごく嬉しい気持ちでいっぱい」と挨拶。

 続けて「ロケ地や映像にもすごくこだわって撮影しているので、京都の人が見ても面白いと思いますし、京都の事を知らない日本の方もそうですが、海外の方が見ても面白いと感じてくれると思います」とアピールした。

 今作は、京都で450年続く老舗和菓子屋「福家堂本舗」を舞台に、早見あかり、佐々木希、宮野陽名が演じる三姉妹の恋や成長、夢を胸キュン満載で描くラブストーリー。

 山下が演じる桧山は、高学歴・高身長・高収入と三拍子揃ったイケメン御曹司で、佐々木希が演じる、老舗和菓子屋の後継ぎ娘として従順に生きてきたしっかり者の長女・雛に突然プロポーズし、交際0日での電撃結婚をするという謎多きミステリアスな役を演じている。

 役柄について山下は「桧山はみんなと壁を作って接しているような役で言葉も標準語だったのですが、相手役が関西弁で、自分が標準語で演技をするのが初めてだったので、始めは関西弁につられそうで大変でした」と胸中を明かした。

 また、山下はアーティスト活動以外にも、俳優やラジオパーソナリティ、バラエティ番組など、三代目 J Soul Brothersのなかでも多方面にわたりマルチに活躍している。

 「もちろん三代目 J Soul Brothersとしての活動が軸にはなりますが、これからも役者をやっていきたいという気持ちは強くもっていますし、趣味の釣りなどのお仕事もやってみたい」と意欲を示した。

 三代目 J Soul Brothersとしては自身2度目となる全国ドームツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2017-2017“METROPOLIZ”』を開催。

 多忙な日々を過ごしているが、2016年を振り返り「三代目 J Soul Brothersとしてのツアー以外にも、HiGH&LOWではドラマ、映画そしてライブもあり、1年を通して活動させて頂きすごく濃い1年でした」と振り返った。

 来年については「三代目 J Soul Brothersの活動はもちろんですが、個人個人も活動で力をつけて、7人7通りのエンタテインメントを発信していくことによって、それがグループに戻ってきたときのパワーにもなると思いますので、より高みを目指して、皆さんに応援してもらえるように頑張りたい」と想いを語った。

 また、「来年からは所属するLDHがアジア、ヨーロッパ、アメリカと、世界にも拠点ができて、より海外のクリエイティブを吸収できる機会も増えるので、そこでたくさんのものを吸収して日本での活動に活かしていきたいです」と飽くなき挑戦心をのぞかせた。

この記事の写真

記事タグ