初登場3位を記録したピコ太郎の初アルバム『PPAP』

 「ペンパイナッポーアッポーペン」と独特のリズムに乗せて歌う中毒性の高い動画をきっかけに、一躍時の人となったシンガーソングライターのピコ太郎の初アルバム『PPAP』(12月7日発売)が発売初週に2万1000枚を売り上げ、12月19日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=12月5日~11日)の3位に初登場した。

 お笑いタレントとしてのみならず、音楽ジャンルなど各方面でマルチな才能を発揮する古坂大魔王(43)がプロデュースした“謎多きシンガー”ピコ太郎(自称53)。満を持しての発売となった今作CDには、世界中を席巻した「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」や「カナブンブーンデモエビインビン」など20曲に加えて、カラオケ・バージョン5曲も収録される。

 なお、お笑いタレントが歌唱、またはプロデュースした作品(音楽作品を対象。コンピレーション盤はのぞく)によるアルバムTOP3入りは、とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)と同コンビの冠番組のスタッフたちで結成された音楽ユニット・野猿の『STAFF ROLL』(1999年3月発売)が、1999年3月22日付で3位を獲得して以来、17年9カ月ぶりのこととなる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)