カレンダーの発売記念イベントに出席した瀧本美織(撮影・桂 伸也)

カレンダーの発売記念イベントに出席した瀧本美織(撮影・桂 伸也)

 女優で歌手の瀧本美織(25)が11日、都内でおこなわれた、オフィシャルカレンダーの発売記念イベントに出席。カレンダーの自己採点を「120点」と高評価を与え、アピールするとともに、今年1年を振り返りながら来年の抱負を語った。

 フジテレビ系連続ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』(最終回放送12月11日)にヒロインとして出演した瀧本。今回発売されるオフィシャルカレンダーは「ナチュラルでキュート、だけど少し色っぽい」というテーマで構成。NHK連続ドラマ小説でヒロインを務めるなど、“正統派女優”としてのイメージが強かった瀧本だが、ここではこれまであまり見せていなかった女性らしい一面を引き出した1冊となっている。

 瀧本は「(私は)普段からこういう感じだし、もともと親近感は皆さんに感じてもらえていると思うけど、自分という存在をより身近に感じてもらえる作品になったと思います」とカレンダーをアピール。

 カレンダーの自己採点は「考えてなかったけど、120点かな」と高評価を与えた。自身の肌を「結構肌には自信がありますから、まだまだいきたいと思います」と自信たっぷり。普段は「あまり甘やかさない方が合っていると思う」と語り、肌の状態にもよるが、普段はすっぴんも多く何もつけずに寝ることも多いという肌事情を明かした。

 今回のカレンダーは、前回発売したものから7~8年ぶり。瀧本は「見た目はどんどん子供っぽくなっていっている気がしますが…」と注釈を入れながら「本当にありがたい経験が多い。ドラマとか舞台とか、お仕事の幅も広がっているので、たくさん周りのことを考え、(時には)仕事の中で壁にぶつかることもあったりと、全部が自分の糧になっていると思います」と、今日までの道のりを振り返った。

カレンダーをアピールする瀧本美織(撮影・桂 伸也)

 また、今年1年を「初めてミュージカルにも挑戦させていただきました。本当に舞台も好きだと感じ、どんどん仕事の幅を広げたいと思いましたし、人とのつながりを改めて強く感じられた1年でした」とし、すでに2つの舞台への出演が決まっている2017年に対し「お客さんと一緒に感動が味わえる作品を作っていきたいと思うし、いろんなことにチャレンジしていきたい」と意気込んだ。

 一方、プライベートに関しては「夏休みがそんなになかったので、マリンスポーツを極めたい。まだバナナボートくらいしかやったことないので、スキューバダイビングとか、潜るのもかっこいいし、資格なども取りたい」とも。

 さらに今年1年に飛び交った芸能界のニュースに対して「結婚されたのを目にすると幸せになりますね。片岡愛之助さんと、藤原紀香さんとか」と結婚ラッシュに胸をときめかせていた様子を語りながら自身の結婚に関しては「いつかはしたいです。でも遅い気がします。特に目標もないし、いつでもいいんですけどね」と、まだそれほど深く考えていない様子を語っていた。(取材・桂 伸也)

記事タグ