年内限りでの解散を発表しているSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』が5日、フジテレビ系で放送され、歌手の久保田利伸とのスペシャルライブがおこなわれた。「上を向いて歩こう」を6人で情感を込めて歌い上げると、ファンからは「SMAPあなた達が好きだ」「上を向いても涙は次から次にあふれて流れてくるよ」などと感動と寂寥の声が相次いだ。

 SMAPのメンバー5人と一緒に歌うスペシャルライブに登場した久保田。自身の楽曲「Missing」に続けて選曲されたのは、歌手の坂本九さんのヒット曲「上を向いて歩こう」を、久保田と米国の歌手ミュージック・ソウルチャイルドがコラボし、久保田が11月にリリースしたコラボレーション・ベストアルバム『THE BADDEST ~Collaboration~』に収録された「SUKIYAKI~Ue wo muite arukou~」。日本語詞を歌うSMAPとのオリジナル楽曲に仕上げられていた。

 歌い出しを務めたのは久保田。英語詞で高らかに歌い上げる中、字幕で日本語の意味が綴られた。それには「僕が寂しいのは全部君のせい 君が去ってから僕の人生は雨の日のよう こんなに愛しているのに どうしてわからないの? 君がいなくなって 僕は一人ぽっち」と記された。

 続いて、SMAPメンバーが日本語で歌い継いでいく。2人目の香取慎吾は「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」、中居正広は「思い出す 春の日 一人ぽっちの夜」、草なぎ剛は「幸せは雲の上に 幸せは空の上に」、サビに入って木村拓哉が「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」、稲垣吾郎が「泣きながら歩く 一人ぽっちの夜」とそれぞれのパートを歌った。

 再び久保田が英語で歌い、字幕には日本語の意味。「君を想う優しい気持ち 君が去ってしまってから 何をしていいかもわからない」と続いた後、全員で「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜」と日本語で歌い上げた。その途中に久保田と中居は顔を合わせながら気持ちをこめて歌っていた。

 そして、久保田が「君が僕への愛を無くしてしまったから」との日本語訳となる英語詞をシャウトしながら歌い上げ、最後に全員で「一人ぽっちの夜」と声を揃えて歌い切った。

 年内での解散を発表しているSMAP。その胸中に潜む様々な思い、感情、そして、SMAPを応援するファンの気持ちをも代弁するかのような歌詞。6人が熱量をこめて歌い上げると、ツイッター上には続々と感激の声が挙がった。

 ファンからは「やっぱり5人揃った歌は良いなぁ SMAPあなた達が好きだ」「涙がこぼれないように上を向いているのに、結局泣きながら歩いてるんだ」「こんなに温かな優しい笑顔で歌う上を向いて歩こう。心が、気持ちが、伝わる歌ってこういう歌なんだ」「こんなに素敵なスマスマ終わってほしくない 上を向いても涙は次から次にあふれて流れてくるよ」などと、感動と寂寥がごちゃまぜになりながら6人の歌唱を見守ったようだ。

 さらに、「全員並んでるとこでこの歌詞…。この歌を久保田さんにお願いしてくれたスタッフさんに涙が止まらない」と番組やスタッフへの感謝の声も挙がる。

 そして、「肩を並べて5人が歌ってるのに この瞬間でも終わりが近づいてて 何を想いながら どんな気持ちなんだろう」とのコメントも。SMAP解散とされる12月31日が迫る中、SMAPの胸中を慮る人も多く見られている。

 また、この日の放送の冒頭には、SMAPの楽曲「ありがとう」をBGMに告知がおこなわれている。字幕表示されたもので、「1996年に4月15日にスタートしたSMAP×SMAPは2016年12月26日の放送をもってファイナルを迎えることとなりました。」「12月26日は夜6時30分から夜11時18分までの放送となります」「SMAPと共に歩んだ20年9ヵ月のスマスマの全てを存分にお届けします。」と綴られている。

記事タグ