引退を発表した仮面女子研究生の川原結衣

引退を発表した川原結衣

 仮面女子の研究生で、スライムガールズのメンバー・川原結衣(21)が妊娠を理由に、芸能界を引退することが5日、わかった。川原は5日付自身のブログで報告。「少しの間だけでも今まで応援してくれてありがとう」とコメントしている。

 仮面女子には「仮面女子三か条」という規則なるものが設けられており、恋愛は「OK」として、認められている。但し、ファンや関係者との恋愛は禁じており、これを破った場合には解雇または謹慎処分となる。

 所属事務所によれば、川原は17歳で「弊社の門を叩き、4年弱のアイドル生活」だったが、本人は現状に満足しているようで、第二の人生を歩むことを決断。事務所も「喜んで送り出す」ことを決めたという。

 以下は川原が自身のブログに載せたコメント全文。

▽川原結衣のブログ全文

 仮面女子研究生 スライムガールズの川原です。

 突然なのですがこの度私の妊娠が発覚しました。

 わかった瞬間どうしたらいいかわからなくて、ステージだけでなく現実からも全部逃げ出して目を背けて引きこもってしまいました。

 やっと産もうと決めた時には体調もすぐれず、不安定な時期に入ってしまっていてステージには戻れない身体になっていました。

 そのためこのような形の発表になってしまい、ステージからも去ることになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 もうこの業界に戻ってくることは無いです。

 少しの間だけでも今まで応援してくれてありがとう。

 応援してくれた皆さんのことは忘れないです!

 ありがとうございました!

記事タグ