ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、年内での解散を発表しているSMAPを“離婚”に例えて自らの意見を主張した。この内容に、SMAPファンから賛否の声が続々と上がっている。

 村本は18日に自身のツイッターを更新。「親が離婚する時、次の人生を応援してあげたい、おれのことはいいから幸せになってと言う。親はありがとう。と感謝する。それが育ててくれたお礼」と、両親の“離婚”における自身の見解をしたためた。

 さらに、「逆にだだこねると親は辛い。ごめんね、としか言えない。最後に、ごめんと謝らせてはダメ。無知な僕からこの言葉をSMAPファンに捧ぐ。酔ってます」と、SMAPファンに対するメッセージだったことを明かした。

 村本のSMAP解散に関する発言は、今月に入り、世間を大きく賑わせている。7日放送のフジテレビ系『バイキング』で、サッカーの試合を例にSMAPファンの気持ちを代弁。「一番、僕が辛いなと思うのは、そのファンに対して『もう解散するんだからしょうがないだろう』という、ファンに対する声が可哀想な気がしますね」と語り、称賛の声を集めていた。

 ただ、14日放送の同番組に出演した際、村本が発言した内容にSMAPファンはブーイングの声。村本は芸能人に対するSMAP解散に関する“発言制限”の「圧力はない」と主張し、「一番、発言を規制しているのはSMAPのファンの方やなって僕は思いました」と語っている。

 村本のSMAP解散に関する発言は、ファンからの注目を集めているといえそうで、18日のツイートにも多くの反響が起こっている。

 村本のツイッターには、両親の離婚とSMAP解散を等しく述べることに疑問を呈す声が挙がった。離婚する場合、子供に対しては「『ごめんなさい』しかありません」との声や、離婚を両親からではなく「第三者からのみ伝えられたとしたら、まずは真実を知りたいと思うでしょう」と、村本の見解に否定的な意見がみられた。

 ただ、感謝を示すファンの投稿も見られる。「酔ってSMAPとSMAPファンのことを考える村本さん…、ありがとうございます」「正論をありがとうございます! 村本さんのこのツイートで少しでも考え方が変わってくれる人が増えることを願います」「大好きな、大事な親に、ごめんねを言わせたくないですもんね」と支持する人も少なからずいるようだ。

 また、村本の単独ライブに行くと綴ったファンからは「SMAPに迷惑にならない方法を手探りで探しながらSMAPの幸せを願いながらの行動と叫びなんです。どうかお察し下さい」と、SMAPの解散阻止を続けるファンの気持ちを理解して欲しいとの声も。12月31日が迫るなかで、葛藤する心を抱えながら行動を続けるファンは多い。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)