元Paboでタレントのスザンヌ(30)が13日、関西ローカル番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演。ソフトバンクの元投手・斉藤和巳氏との離婚原因について語った。スザンヌは金銭や暴力を否定し、子育ての時期に、精神的に離れたことを理由に挙げ、「その時って、ちょっとだけだったんですけど」と悩ましげに話した。

 番組では、ロッテの涌井秀章投手とタレントの押切もえの結婚について取り上げ、その流れから、元ソフトバンクの斉藤氏と離婚したスザンヌに話題は移った。

 上沼恵美子がテレビカメラの下に用意されたカンペを読むような視線で、「スザンヌちゃん、プロ野球の選手と上手に結婚生活を続ける方法をお話しくださいって…」と読み上げつつ、「続けられへんかったんやん、ようそんな失礼な」とツッコミながら、スザンヌに話を振った。

 押切が料理上手などと語り出したスザンヌだったが、高田純次から結婚生活の期間を聞かれ、「お付き合いと合わせてちょうど5年でした」と答えると、高田は「また結婚するんでしょ? 大谷翔平なんかどう?」などと日本ハムの大谷選手の名前を挙げた。

 これに上沼も加わり、様々な有名スポーツ選手の名前を告げてスザンヌの再婚相手探しで盛り上がった。懸命に否定するスザンヌに上沼は「そんなことより何が原因だったか、一言でいいですから言ってください」と強い口調で切り出した。

 スザンヌは自身の感じた理由として、子供が出来たことを挙げる。「意識が全部そっちに行っちゃったりとか、その時に同じくらい大事にできるかなって自分も思ってたんですけど、本当にこっち(子供)に100%くらい行っちゃって、たぶんそれが私調べだと一番の原因かなって」との見解を話し、暴力や金銭が原因であったとする一部情報をきっぱり否定した。

 上沼は「本当のこと言ってるなと伝わってきました。寂しかったんやね、旦那さんの方が」と斉藤氏への配慮をこめて言葉を重ねると、スザンヌは「その時って、ちょっとだけだったんですけど」と“子育て”の期間を乗り切れなかったことを悩ましげに振り返っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)