いきものがかり(撮影・山内洋枝)

いきものがかり(撮影・山内洋枝)

<バズリズムLIVE 2016 2日目公演レポート>11月6日◇横浜アリーナ◇いきものがかり

 トリを飾った、いきものがかりのライブは「ありがとう」でスタート。この日の「ありがとう」は、いろんな想いを抱えながら場内に届けられた。その歌声に、演奏に、誰もが無垢な心のまま自らを委ねていた。<“ありがとう”って伝えたくて♪>、その気持ちは、この日のイベントに向け、1万人の観客たちの誰もが出演者たちへ届けたかった想い。そう、受け止めようじゃないか。ひと言ひと言気持ちを伝えるように歌う吉岡聖恵の歌声は、とてもとても愛おしかった。

 明るく弾け飛ぶ演奏に誰もが飛び乗り、無邪気にはしゃぎだした。「笑ってたいんだ」が連れていった、気持ちを笑顔に変えてゆく夢のような世界。その歌に身を任せ、ただただ感じるままに騒げばいい。理屈なんか一瞬にして消え去っていた。ここにあったのは、「楽しい!!」という無邪気で無垢な気持ち。それ以外に何が必要なの?!。だって、ずっと笑っていたいんだもの。

いきものがかり(撮影・山内洋枝)

いきものがかり(撮影・山内洋枝)

 披露したのが、バラードの「ラストシーン」。切々とした音色の上で、逢えない人へ想いを届けるように歌う吉岡聖恵(Vo)。その歌声は触れた人たちの心にも、いろんな思い出の風景を映し出していた。今や逢えなくなった人たちを思い返すように。そんな気持ちへ呼び起こしてくれたことで胸が痛かったけど、でも嬉しかった。

 高鳴るドラムビートを合図に、ここから会場は一気に華やかなパーティ空間へ。「気まぐれロマンティック」が、ウキウキとしたロマンチックな気持ちを場内へキラキラと降り注いでゆく。客席近くまで降りて歌う吉岡聖恵。ときめきが駆けだしてゆく、そんな気分だ。やばい、ドキドキが心からどんどん溢れだしていく。

 会場中の人たちがタオルを振りまわし出した。<JOY と JOY と JOY と♪>、誰もが吉岡聖恵の煽りに刺激を受け声を張り上げていた。騒ぎたい、はしゃぎたい、何より心を開放したい。「じょいふる」は、この空間にいる人たちを、この時間だけはパリピな人たちに様変えていた。

バカリズム・マギー(撮影・山内洋枝)

バカリズム・マギー(撮影・山内洋枝)

 最後にいきものがかりは、3人だけで「SAKURA」をしっとり届けてくれた。2本のアコギの旋律の上で、あの季節の風景を甦らせるように、いきものがかりは「SAKURA」をハートフルに歌ってくれた。温もりを持った歌声と音色は、いつしか心に込み上げる潤いを与えていた。

 アンコールでは、MCのバカリズムとマギーを招き入れ「いきものばかり」という即席のバンドを組んでセッション。全員がサングラスに革ジャン姿というのもご愛嬌。このメンバーで最後に「I think」を演奏。水野良樹のアコギをリードにバカリズムが熱く歌いだした。最後の最後に遊び心を持ったステージを見せてくれたのも嬉しいこと。会場中の人たちも、そのセッションを微笑ましく見つめながら楽しんでいた。

 出演者たちの演奏はもちろん、その日だからこそのセッションも飛び出したように何が起こるかからない『バズリズム LIVE』。また来年も、この興奮を味わいたい。(取材・長澤智典)

セットリスト

いきものがかり
01.ありがとう
02.笑ってたいんだ
03.ラストシーン
04.気まぐれロマンティック
05.じょいふる
06.SAKURA -Acoustic ver.-

いきものばかり(バカリズム+マギー+いきものがかり)
01. I think

記事タグ