Fear, and Loathing in Las Vegas(撮影・山内洋枝)

Fear, and Loathing in Las Vegas(撮影・山内洋枝)

<バズリズムLIVE 2016 2日目公演レポート>11月6日◇横浜アリーナ◇Fear, and Loathing in Las Vegas

 「踊り狂え」と言わんはかりにアグレッシブな演奏が轟きだした。Fear, and Loathing in Las Vegasのライブは、爆音とスペイシーなエレクトロ音を交錯させた「Rave-up Tonight」を相棒に観客たちの身体を熱く震わせだした。

 感情を壊してゆく演奏に触発され暴れる人たちもいれば、圧巻の迫力に動くのも忘れ釘付けになってゆく人たちも。破壊性を持ったFear, and Loathing in Las Vegasが作り出すダンスロックの、なんて挑発的で刺激にあふれていたことか。

 「飛べ!!」。So(Vo)の煽りを受け、いつしか大勢の人たちが「Jump Around」に乗り、一緒に無邪気に飛び跳ねていた。気持ちを開放してゆく表情だからこそ、誰もがメンバーと轟音に合わせ跳ね続けていた。そこに生まれたのは、ロックで踊るに相応しいパーティ空間だった。

 突き上がるリズムが気持ちをガンガンに押し上げてゆく。疾走する轟音エレクトロな「Just Awake」が、もっともっと暴れ狂えと気持ちを挑発してきた。なんて派手な輝きを持った楽曲だ。きらびやかなのに痛い衝撃を携えている。だからこそ感情が震え立つ。頭上高く掲げた拳を突き上げ続けていたくなる。狂ったように叫ぶSoの声は、気持ちを熱く熱く刺激し続けていた。

Fear, and Loathing in Las Vegas(撮影・山内洋枝)

Fear, and Loathing in Las Vegas(撮影・山内洋枝)

 ゲームミュージックのような音色からの幕開け。が、一瞬にしてラウドな音が轟きだした。感情が吠え上がると言えば良いだろうか?! 「Party Boys」が震え立つ気持ちのままに「騒げ」と身体をけしかけていた。荒ぶる気持ちのままに暴れ狂うメンバーたち。熱狂は、どんどん膨らんでゆく…。

 性急なビートと挑戦的な歌が身体を直撃した。「Let Me Hear」を演奏した頃には、場内もFear, and Loathing in Las Vegasの作りあげた熱した空気に染まっていた。メンバーの動きに合わせ、大勢の人たちが拳を激しく振り上げていた。そう、気持ちのまま騒ぐことが楽しさなんだと実感するように…。

 メンバーはアウェイな空気を感じながら最初は舞台に立っていたようだが、その楽曲に、演奏に本気が詰まっていれば、気持ちはしっかり会場中に伝播してゆく。それを実感したからこそ、彼らは昂る感情のままに堂々と、轟音炸裂したラウドでエレクトロな「Virtue and Vice」を全身全霊で魂を込めてぶつけてきた。その熱を観客たちもしっかり受け止めていた。そう、本気は触れた人たちの気持ちだって塗り替えていくんだよ。

 場内に作り上げた熱狂を触れた人たち全員の身体に、意識へ刷り込むように、最後に彼らは「Love at First Sight」を叩きつけた。身体を思いきり揺らす強烈なダンスロックに触発され、誰もが両の拳を振り上げはしゃいでいた。Fear, and Loathing in Las Vegasは示してくれた、いろんな偏見も、そこに魂が込められていればかならず塗り替えていけるんだということを…。(取材・長澤智典)

セットリスト

01.Rave-up Tonight
02.Jump Around
03.Just Awake
04.Party Boys
05.Let Me Hear
06.Virtue and Vice
07. Love at First Sight

この記事の写真
メイン

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)