SPYAIR(撮影・山内洋枝)

SPYAIR(撮影・山内洋枝)

<バズリズムLIVE 2016 2日目公演レポート>11月6日◇横浜アリーナ◇SPYAIR

 轟く音が気持ちを武者震いさせてゆく。朗々と、雄々しく響くIKEの歌声、SPYAIRはスタジアムロックナンバー「THIS IS HOW WE ROCK」を突き付け、これが魂を滾らせるロックだろうという姿勢を突き付けてきた。その音は、触れた人たちの視線や気持ちを鷲づかみにしていった。暴れるのではない、その歌や演奏の迫力と説得力に会場中の人たちがただただ魅了されていた。

 殴りつけるように、そして、放熱するパワーを解き放つように「現状ディストラクション」が飛び出した。暴れ出したい、昂る熱情を全力でぶつけたい。轟音を上げながら疾走する演奏の上で、この歌に感情をぶつけてこいと言わんばかりにIKE(Vo)が観客たちを煽り続けてゆく。その歌は、この場にいる人たちの気持ちを未来へ連れていった。現状を破壊して明日を掴めと言わんばかりに。

 「まだまだぶち上げたいんだろ!!」、UZ(G)のギターの唸るカッティングビート、重く激しく駆けだす演奏。IKEは凛々しく、何より挑発するよう「ROCKIN’ OUT」を歌いかけてきた。気持ちに熱を注ぎ込む演奏へ、大勢の人たちが身体を前のめりに挑んでいく。感情と感情をぶつけあう、興奮を巻き起こすに相応しい空気が場内に生まれてゆく。

SPYAIR(撮影・山内洋枝)

SPYAIR(撮影・山内洋枝)

 吹き上がる炎の影像を背にSPYAIRがぶつけたのが「ファイアスターター」。切れ味鋭いタイトなビートとギターのカッティングのリズムが身体を切り刻んでゆく。感情を爆発させないと、もっともっとその身を切り刻んでやるぞとけしかけるように、SPYAIRはどこまでも挑発的な音を場内へ放ち続けていた。「この世界に火をつけるだけさ」、その言葉に触発され暴れ騒ぐ人たちも…。

 すべてのわだまかりを開放するように、余計な感情をすべて脱ぎ捨てるように、輝きを放ちながら「イマジネーション」が轟いた。その歌や演奏は「立ち上がれ」と、触れた人たちの心に明日へ進む勇気を教えてくれた。場内中に振り上げられた無数の拳には、きっとたくさんの勇気が握りしめられていたに違いない。

 IKEのスクリームから幕を開けた新曲「RAGE OF DUST」は、感情を熱く掻き立てるラウドでパワフルなロックナンバー。気持ちを奮い立たせる歌詞が、攻める勇気と自信を与えてゆく。激しい演奏は、そのまま彼らの挑戦的な姿勢を投影した姿。「そこに生きてやる」と宣言するように、歌詞に記した想いが魂を熱く熱く滾らせていた。

 会場中を支配した「サイライハート」の絶叫。振りまわすタオルが場内に熱狂を攪拌してゆく。最後に突き付けた「サムライハート(Some Like It Hot!!)」が作り上げた、気持ちを無邪気に解き放つ心地好く一体化した風景。誰もが凛々しく雄々しい想いを胸に「サムライハート!!」と叫んでいた。武者震い立つ勇気を彼らと一緒に掲げられたことが、何よりも嬉しい勲章だった。(取材・長澤智典)

セットリスト

01.THIS IS HOW WE ROCK
02.現状ディストラクション
03.ROCKIN’ OUT
04.ファイアスターター
05.イマジネーション
06.RAGE OF DUST
07.サムライハート(Some Like It Hot!!)

この記事の写真
メイン

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)