イルミネーション点灯式に出席した超特急と永野(撮影・桂 伸也)

イルミネーション点灯式に出席した超特急と永野(撮影・桂 伸也)

 男性7人組ダンスボーカルグループの超特急が9日、お笑い芸人の永野とともに、東京・ダイバーシティ東京プラザでおこなわれた、イルミネーション点灯式に出席。超特急は8人目のメンバーとして登場した永野からグループへの絶賛の言葉を受けていた。

 今回のイルミネーションは、超特急とダイバーシティがコラボしたもので、『超特急×ダイバーシティ東京 ドラマチックイルミネーション』と題して実施。楽曲に合わせてメンバーカラー7色に光る巨大オブジェが用意され、隣接するビルに設置された大型ビジョンで超特急のPVが流されると同時に、イルミネーションが鮮やかに変化する。また、期間中は超特急写真展が開催されるほか、ダイバーシティで買い物をするとオリジナルグッズがもらえるなどの企画も用意されている。

 これまでにダイバーシティでライブをおこなったこともあるという超特急だが、イルミネーション点灯式の参加は初めて。今年のクリスマス・イブは、東京・代々木第一体育館でライブをおこなう予定になっており、カイは「代々木でライブを楽しんだ後は、お台場へ。超特急づくしのクリスマスを味わってほしい」とアピールした。

 また、熱心な超特急ファンと語る永野は、ステージ上での“共演”を超特急側から誘われ「要求次第で速いダンスもします」と、まんざらでもないとばかりにジョークを発し、笑いを誘いながらも「まあでも見に行きたいですね」と超特急のステージを楽しみにしている様子を見せた。

イルミネーション点灯式に出席した超特急と永野(撮影・桂 伸也)

イルミネーション点灯式に出席した超特急と永野(撮影・桂 伸也)

 寒空が広がったこの日、イベント途中に全員がステージがはけるタイミングがあったが、再び皆がステージに戻ってきたときに永野が、タクヤが薄着の永野を気遣い、羽織っていたコートを自分にかけてくれたことを明かし、「もうタクヤくんだけですよ、ほかのメンバーはどうでもいい!」とゾッコンな様子。その言葉にタクヤは「ここでそんなこと言わないで下さいよ!」と、少し照れたような表情を見せていた。

 永野と超特急はテレビのバラエティ番組などの共演以来、LINEを交換し連絡を取り合う仲であるといい「誕生日には、事務所の人や後輩らからはラインが来なかったけど、(メンバーの)カイとタカシだけは送ってくれたんです。だから、超特急にはずっとついていこうと思っていまして」と親しみ感じている様子を語っていると、メンバーのコーイチから「失礼ですけど、チョロいですね」と、ホイホイと付いてくると明かした永野に突っ込みを入れ笑いを誘った。

 さらにタクヤが「じゃあ今日帰ったら、絶対LINEしますよ」と公言、永野は「本当? じゃあ俺そのLINE見ながらビールを飲むよ」と返答し、タクヤをさらに照れさせていた。(取材・桂 伸也)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)