初登場1位を記録した松任谷由実「宇宙図書館」

初登場1位を記録した松任谷由実「宇宙図書館」

 シンガーソングライターの松任谷由実の最新アルバム『宇宙図書館』(11月2日発売)が、発売初週に5万7000枚を売り上げ、11月14日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=10月31日~11月6日)で初登場1位を獲得した。

 松任谷にとってアルバム1位獲得は3年11カ月ぶりで、『松任谷由実40周年記念ベストアルバム日本の恋と、ユーミンと。』(2012年11月発売)が2012年12月3日付で獲得して以来。オリジナル盤では『Cowgirl Dreamin'』(1997年2月発売)が1997年3月10日付で獲得して以来、19年8か月ぶりとなる。

 松任谷は今回の1位獲得で、自身が持つ「アルバム1位獲得作品数」を「通算23作」(荒井由実名義含む)に更新するとともに、同記録におけるソロアーティスト(男女含む)ならびに女性アーティスト歴代1位の座を堅守。同獲得数はグループを含めた全アーティストで見ても、B’zの「27作」に次ぐ歴代2位となる。

 今回、62歳10カ月でのアルバム1位獲得となった松任谷は、女性アーティストでは竹内まりや(当時59歳6カ月『TRAD』)の獲得時年齢を上回り、同・歴代最年長記録を更新。

 また、同年齢での達成は、男女含めた全アーティストで見ても、小田和正(68歳8カ月当時『あの日あの時』で達成)、矢沢永吉(63歳8カ月当時『ALL TIME BEST ALBUM』で達成)に次ぐ歴代3位の記録となる。

 なお、同年齢記録はソロアーティストのみを対象としており、「年齢」は生年月日から達成ランキング日付時点でのもの。また年齢の月数は、月の過半日数以上で翌月に繰り上げとなる。

 同作品は、映画『真田十勇士』の主題歌に起用された「残火」など全12曲を通じて、松任谷のテーマである“時間”“普遍性”“ポップ”を、より色濃く打ち出した。

松任谷は今作を引っさげ、11月18日のよこすか芸術劇場を皮切りに来年9月22日の東京国際フォーラムまで、自己最長かつ最多本数の合計42都市80本にわたるロングランツアーを開催する。

記事タグ