今年いっぱいで解散することを発表しているSMAPが、7日放送のフジテレビ系『バイキング』で話題として取り上げられた。ウーマンラッシュアワーの村本大輔は、解散阻止に必死で活動を続けるSMAPファンに対して「解散するんだからしょうがない」との否定的な声があることに残念な思いであることを伝えた。この村本の思いは、ネット上で話題となり、特にSMAPファンとみられるユーザーから大きな称賛を集めている。

 番組では、ファン投票で選出されたSMAPの最新アルバム『SMAP 25 YEARS』に収録される50曲を紹介し、ファンの声が「東京新聞」広告欄を埋め尽くした出来事などを紹介。“SMAP解散”が近づく中で、葛藤を抱えたファンが多いことを取り上げたが、村本が発言したコメントがネット上で大きな反響を呼んだ。

 ファンの在り方について議論をかわすなか、村本は「サッカーの試合、ロスタイム、もう結果はわかってる。でもファンは最後まで声を挙げ続けたいというのもわかるんですよね」と、サッカーに例えて、解散阻止に動くSMAPファンの気持ちに理解を示した。

 そのうえで、「一番、僕が辛いなと思うのは、そのファンに対して『もう解散するんだからしょうがないだろう』という、ファンに対する声が可哀想な気がしますね」と語り、ファンが抱える葛藤に対し、それを否定するかのような声があることを残念がった。

 この村本の発言にネット上では、「本当に的を得た意見を言うよね!」「村本君有り難う」「感謝の気持ちでいっぱいです」「ファンの気持ち言ってくれた村本さんに感謝してます!」「SMAPだいすきなぶん涙出そうになった」などと、ファンの気持ちを代弁した村本に称賛の声を続々と送った。

 村本は放送後に自身のツイッターを更新。「なんかわからんけどSMAPさんのファンの人から高感度あがってるみたい。ラッキー」(原文ママ)とつぶやくと、村本のツイッターには、SMAPファンからの「真実伝えてくれるなら、どーぞ好感度アップにお使いください」「毒舌キャラなのに、好感度あげちゃって大丈夫ですか?笑」などとする感謝の声が相次いだ。

 ただ、“炎上芸人”としても知られる村本だけに、称賛されることに面映ゆさがあるのか、「思ったことを言う仕事なので、次はいつ傷つけてしまうかわかりません。なので、期待はしないでください。応援も必要ありません」などとコメント。そして、「でも、凹んだりして暗い気持ちになった時は、ぜひ劇場へ。笑いであなたを癒します」との気持ちを綴っている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)