熱唱するAI(撮影・松尾模糊)

AI

 シンガーソングライターのAIが、2日にリリースしたニュートリプルシングル「ハッピークリスマス/HEIWA/ミラクル」に収録されている「HEIWA」について、米在住の音楽プロデューサーである友人からの出産祝いで作り贈られた曲であったことを明かした。

 5日深夜放送された、日本テレビ系『バズリズム』にAIはゲスト出演。2014年に結婚した夫で、音楽集団カイキゲッショクのリーダー・HIRO(Vo)との間に昨年8月に産まれた長女の平和ちゃんの写真を公開した。

 AIは、長女出産時に「HEIWA」の楽曲を米国に滞在しているという音楽プロデューサーからマネージャーを通して原曲を受け取ったという。AIは、英語詞で歌われる同曲のサビで自分の愛娘の名前である“HEIWA”が連呼されるのを聴いて号泣したことを明かした。この英語詞をAIが平和ちゃんへの想いを日本語詞に変えて、同曲が完成したという。

 番組MCを務めるお笑い芸人バカリズムは「(娘さんが)大きくなって、その曲を聴かせたら超感動的じゃないですか」と心温まるエピソードについてコメント。AIは「将来、グレそうになったらこの曲を聴かせようと思っています(笑)」と返した。なお、「HEIWA」は3日に公開された、アニメーション映画『コウノトリ大作戦!』の日本版主題歌にもなっている。

 また、世界中のアーティストとコラボレーションしているAIは、2010年10月にリリースした「STRONGER feat.加藤ミリヤ」のカップリングに収録されている「Let it go feat.SNOOP DOGG」で共演した米ラッパーのスヌープ・ドッグについて「時間にルーズ過ぎてビックリです(笑)」と世界的アーティストとの仕事の難しさついて振り返った。

 視聴者からはツイッターなどで「AIのファンになった」「あんなに有名人なのに、ずっと訛ってくれてて嬉しいわ」など、その飾らない性格に和むという声も見られた。

 ちなみにデビュー15周年を迎えたAIは現在、13万人動員予定の3年ぶりとなる全国ツアー『THE BEST TOUR』を展開中。そのなかの、1日に開催した日本武道館公演ではコンサート会場に「親子エリア」を設け、子供と一緒に観覧できる「子供連れママプラン」などを展開している。これは自身の子育てを経験して実現したものだという。

記事タグ