年内解散を発表しているSMAP。その最新アルバムとなるベスト盤に入る50曲が発表された。ファンの投票で選出されたが、その8位に今回が初のCD化となる「チョモランマの唄」が入ったことで、ネット上では大きな反響が起きた。これを受け、楽曲の作詞・作曲者であるCMプランナーの山崎隆明氏が自身のツイッターを更新。「選択肢にもなかったのでとても驚いています」と率直な心境を明かし、ファンへの感謝をコメントしている。

 12月21日に発売されるSMAPの最新アルバム『SMAP 25 YEARS』。特設サイトでのファン投票を受け、3日未明に収録される50曲が発表された。1位「STAY」、2位「オレンジ」、3位「BEST FRIEND」など、ファンの想いが目いっぱい詰まった投票結果になっている。

 その中で、8位に「チョモランマの唄」が入った。これはSMAPが2008年におこなったライブの中で、「ジャンクション」と呼ばれるコーナーをつなぐ映像として流されたもの。今だCD化されておらず、幻の楽曲ともいえる。

 そのためツイッター上には「すごい! びっくり!」「まさか収録されるなんて」と驚きのコメントが続々と投稿され、ファンからは「チョモランマ入ったの嬉しすぎかよ」と歓喜の声が挙がった。

 さらに、「チョモランマ、選択肢になかったのに8位ってスゴすごるよね」「わざわざタイトル打ち込まないと投票できない。それで8位の高順位。やっぱりすごい、ファンすごい」などとファンの熱意をリスペクトしたコメントも見られる。

 これを受け、「チョモランマの唄」の作詞・作曲者であるCMプランナーの山崎隆明氏が3日、自身のツイッターを更新した。山崎氏は数々の有名企業のテレビCMを制作し、木村拓哉らジャニーズアイドルが出演する人気CMも数多く手がけるクリエイターだ。

 山崎氏はツイッターで、「SMAPライブのジャンクション曲として作詞・作曲させていただいた『チョモランマの唄』がSMAPのベストアルバムに収録されることになりました」と、今回の投票結果を受けてコメントを発表。

 そして、「投票してくださった皆様、本当にありがとうございました。選択肢にもなかったのでとても驚いています。スタッフを代表して、お礼を申し上げます」と続け、予期せぬランキング入りに驚きと感謝を綴っている。

 山崎氏はファン投票の受付が始まった際にもツイッターで、「お世話になったSMAPの皆さんの25周年アルバム。名作はいろいろありますが、コンサート映像でお世話になったチョモランマの唄に投票しました」とコメント。SMAPへの感謝をこめて投票したことを明かしている。

 この山崎氏の感謝の言葉に多くの反響が起きた。ファンからは「チョモランマの唄が入ることが、今回の使命だと思っていた」「一番入って欲しかった曲なので、本当に嬉しい」「斬新でキュートでチャップリンを想像させるような素晴らしい作品」などと感激のコメントが続々と投稿された。

 さらに、「チョモランマの唄」は、2011年のSMAPのアルバム『SMAP AID』での投票の際、僅差で収録を見送られた経緯がある。そのため、ファンからは「5年を経てやっと念願が叶い、まさにファンの総意で作られるアルバムです!」と、ファンの想いが詰まった最新アルバムの象徴的な出来事と受け止める人もいるようだ。

記事タグ