歌手の松任谷由実が、年内いっぱいでの解散が決まっているSMAPへの溢れる思いを打ち明けた。10月31日放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』に出演し、SMAPと一緒に歌唱したユーミン。放送後に自身のツイッターで、「みんなが笑って会えるように、もっともっと大きなひとになって、思い出の欠片いっこもなくさないようにしてね」との内容の手紙をメンバー5人に送ったことを明かし、SMAPファンから感謝の声が続々と挙がった。

 10月31日放送の『SMAP×SMAP』で、ユーミンはSMAPと10年ぶりとなるスペシャルコラボを実現。鮮やかなデザインのワンピースを着たユーミンと、黒のスーツでスタイリッシュにキメたSMAPの5人。木村拓哉のソロから歌いだされたのは、ユーミンの新曲「Smile for me」だ。ユーミンは時折メンバーと視線を合わせ、サビでは声を重ね合わせた。

 そして、2曲目はユーミンの名曲「守ってあげたい」。ユーミンのソロから始まり、木村が引き継いだ。続いて中居正広が歌いだし、サビに入ると6人が横に並び、優しく力強い歌声を響かせる。大切な時間を大事に過ごすように、ユーミンがSMAPとのコラボを楽しむ様子が映し出された。

 トークのコーナーはなかったものの、このコラボを観賞したテレビの前の視聴者は、続々とツイッター上にコメントを投稿。前回放送時、ユーミンとSMAP5人が並んだワンショットが公開されていた時にも大きな反響を呼んでいたが、それを遥かに上回るファンの想いがツイッター上を賑わせた。

 番組放送後、自身のツイッターを更新したユーミン。「スマスマの収録に向かうレインボーブリッジの上で、たまらなく悲しくなった。純粋なファンという人たちの気持ちが、生まれて初めて理解できたような気がした」と一つ目のツイートをおこない、SMAPに対する自身の思いを吐露し始める。

 ユーミンは「そして私は、一人一人に手紙を書いて、楽屋に置いた。(いつかSMAPとして、みんなが笑って会えるように、もっともっと大きなひとになって、思い出の欠片いっこもなくさないようにしてね)って」と、SMAP5人それぞれに思いを綴った手紙を送ったことを明かした。

 続けて、「TVって、ランスルーとかカメリハ1、2、とか何度もやるから、鮮度が落ちるところもあるんだけど、全然そんなことなかった!」と舞台裏を明かし、「内向きに輪になるところでは5人の頭、一人一人ぐりぐりぐりってしたかったよ」と、視線を重ね合わせた時に抱いていた心境を綴った。

 さらに、ユーミンは「OKテイクは全員で通じ合えたと思える! 録り終わったあとそれぞれと目を見て握手。ひとことふたこと」と感無量の思いが押し寄せたとし、「集合写真は私真ん中で、目一杯腕を伸ばして、SMAP5人と肩組んで、『笑って、笑って!』って言いながら撮ったのがあれです」とコメント。番組の中で映し出された、左から中居、草なぎ剛、ユーミン、木村、香取が並んだ笑顔の6ショットの背景を明かした。

 このユーミンの報告は、SMAPの多くのファンの心をとらえた。

 「松任谷さんのおかげで久しぶりにリアルなSMAPが見れました」「魔法のようでした。感動的でした」「ファンの心も救われました」「とっても素敵な写真です 5人が素で笑う時の大好きな笑顔です」「『守ってあげたい』って、ファンの気持ちを代弁してくれたようで…」などと感涙のコメント。SMAPの5人やファンが抱えて来た多くの葛藤を代弁し、心をこめてステージに立ったユーミンに感謝の声が続々と寄せられた。

 日付が替わった11月1日にもツイッターを更新したユーミン。「今、マイケルが亡くなったときみたいな気持ち。なんでもっと早くSMAPを応援してること、堂々と表明しなかったんだろう」と後悔に似た念を抱いていることを明かした。

 そして、「今回、SMAPと間近に接する機会を持つことが出来て、つくづく思ったよ」と綴る。「1度でも成功を手にしたアーティスト、ましてやスターは、栄光と同じだけの不条理も受け入れなくてはならないのだ」と、一人のアーティストとして、リアルで辛い心境を打ち明けた。

 このメッセージにもSMAPファンは多くの反響を起こし、「その、不条理 どうしても受け入れることができません」「余りにも辛すぎます」「スターは受け入れるべきなのかもしれません。ただのファンには到底無理なのです」と率直な心境を投稿している。

記事タグ