平井堅

平井堅

 歌手の平井堅が10月31日、TBS系『ハロウィン音楽祭2016』に出演。特別企画として復活した黒柳徹子出演の「ザ・ベストテン」のコーナーで、兄と「放屁」にまつわるエピソードを語り、黒柳らを笑いに巻き込んだ。

 黒柳から「ザ・ベストテン」に出演するために歌を始めたと紹介された平井は、「夢が叶った」と喜びの表情。出演アーティストが回転扉から出る番組おなじみのシチュエーションに感激している様子だった。

 「ザ・ベストテン」をよく観賞していたという平井は、ラジカセ全盛の当時、再生と録音のボタンを同時押しする“あるある”を語り、「そのまんまテレビのスピーカーから流れるのを、家族に『シッ』と言って録音してました」と子供時代を振り返った。

 さらに、平井はジュディ・オングの名曲「魅せられて」を録音していた時のハプニングについて言及。「兄がイタズラで、よくスピーカーの前で放屁をして。それで僕が激高して、兄貴に怒ってというのが幼い日の思い出です」と、兄弟にまつわるエピソードを語った。

 その「放屁」の音が見事に録音されていたと話す平井は、「嫌々イントロを聞いてました。兄の放屁含めの、チャチャチャチャチャチャチャラララ、ブッていうのを。いっつも聞いてました」と今でもその音が耳にこびりついているかのように語り、スタジオは大爆笑。兄弟の心温まるエピソードに触れた黒柳は、楽しそうに「かわいいね」と笑顔を見せていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ