「ファントム オブ キル」2周年ファンミーティングに出席したでんぱ組.inc(撮影・小池直也)

「ファントム オブ キル」2周年ファンミーティングに出席したでんぱ組.inc(撮影・小池直也)

 アイドルグループのでんぱ組.incが29日、都内でおこなわれた、スマートフォン向けゲームアプリ『ファントム オブ キル』2周年ファンミーティングに出席。イメージキャラクターとして関わってきた2年間を振り返り、相沢梨紗は「ゲームの中でもでんぱ組.incが存在し始めているのかなと思います」と手応えを語った。

 『ファントム オブ キル』は、“戦略性×ドラマ”をコンセプトにしたスマートフォン向けシミュレーションRPG。迫力のある戦闘シーンとドラマティックなストーリー展開で人気を集めている。キャラクターへの人気も高く、ファンはそれぞれの好きなキャラクターを育てるという楽しみもある。

 この日、会場は沢山のファンで埋め尽くされていた。ニコニコ生放送の中継もあり、参加型のパーティという感じだ。でんぱ組.incはこのゲームのイメージキャラクターとなっている。メンバーの古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音がステージに登場すると大歓声が送られた。

藤咲彩音(撮影・小池直也)

藤咲彩音(撮影・小池直也)

 でんぱ組.incは一列に並んだスタンドのマイクをそれぞれが握りしめて、同ゲームのテーマソング「Phantom of the truth」を披露。さらに会場全員でイベントスタートのタイトルコールをしてから、続けて「Truth of the ZERO」をパフォーマンス。ゲームの2周年に華を添えた。

 一度退場したでんぱ組.incのメンバーはイベント後半に再登場。制作スタッフたちとともにゲームの歴史を振り返った。メンバーからは「3年目も…」とほのめかすなど、さながら契約更改の様なシーンもあり、笑いの絶えない時間となった。

 この日は「でんぱ組.incの各メンバーがゲームキャラクターになる」という発表も。そこでは、それぞれの要望が組み込まれたキュートな絵が初お目見えした。古川は「私、こういうポーズでいいと言ったら、そのまま書いてくれました。格好良い」と絶賛。成瀬は「コスプレしたい!」と言いながら、各メンバーのキャラクターを解説していくなどノリノリだった。

古川未鈴(撮影・小池直也)

古川未鈴(撮影・小池直也)

 また、豪華声優陣とでんぱ組.incによる、全編声を吹き込んだシナリオが制作されることも報告された。アフレコは終わっているようで、夢眠は「未鈴ちゃん(古川)が別の仕事の楽屋でめちゃくちゃ真剣に読み込んでいました。『私、滑舌が悪いから…』って」とモノマネまじりに明かして会場が盛り上がった。

 相沢は「でんぱ組.incを知っている人はもちろん、知らない人もゲームのキャラクターとしても楽しめると思います。ゲームの中でもでんぱ組.incが存在し始めているなと思います」と気持ちを語った。

 イベントの最後では、でんぱ組.incを代表して相沢が「2年あっという間で、でんぱ組.incも走らせて頂いたんですけども。私たちと『一緒にやりたい』と言ってくださる想いがとても嬉しくて『全力で盛り上げていこう』というところから始まりました。皆さんが会場にリアルで来て、つながりが出来て、ゲームで楽しむだけじゃないことが時間を重ねて増えている。そこにワクワクしますね。これからも3年、4年、10年と盛り上げていってくれたらなと思っています」と挨拶した。(取材・小池直也)

この記事の写真

記事タグ