激しく勇壮な、何処か刹那を忍ばせたドラマを描きながら3日間のステージを終えたX JAPAN(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

激しく勇壮な、何処か刹那を忍ばせたドラマを描きながら3日間のステージを終えたX JAPAN(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇X JAPAN

 ドラム台の上に立ち、Xポーズを示すYOSHIKI。無数の炎が吹き上がる中、X JAPANのライブは『MIRACLE』で幕を開けた。厳かな始まり。だが、演奏は次第に高揚した空気に支配されてゆく。クラシックでいうならば第一楽章のように、そこには、これから途轍もないことが起こるドキドキにも似た嬉しい高揚が満ちていた。演奏は後半へ進むにつれ荒々しい音色を加えてゆく。何かが始まる、そんな嬉しい期待に心が支配されていた。大サビ前に起きた合唱。物語は、確かにページをめくり続けていた。

 「お前たち、ヴィジュアル系の威信に賭けて最後まで大暴れしていけやー!!」。Toshlの声を合図に『RUSTY NAIL』が解き放たれた。<どれだけ涙を流せば 貴方を忘れられるだろう♪>、サビ歌では誰もがToshlと一緒に歌いながら想いを分かち合っていた。会場中の人たちがX JAPANのメンバーと言っても間違いではないくらい、会場には気持ちを一つに寄り添う熱狂が生まれていた。

 YOSHIKIの奏でるピアノの旋律と朗々としたToshlの歌声によるセッションがスタート。その演奏は、いつしか会場中の人たちをも巻き込み、即興で『DAHLIA』『UNFINISHED』『Say Anything』の合唱に。そんな素敵な遊び心も加えながらライブは進んでいく。

 YOSHIKIの美しいピアノの旋律の上で、Toshlが朗々と『FOREVER LOVE』を歌いだした。盟友同士が想いを寄せ合いながら描きだした、触れた人の心を釘付けにする崇高な輝きを放つ歌と演奏。誰もが舞台上の2人から目を離すなんて出来なかった。それくらい、一瞬たりとも見逃したくない光景がそこには広がっていた。

パフォーマンスだけでなく、MCでも息の合った絶妙なやりとりを繰り広げたYOSHIKIとToshl(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

パフォーマンスだけでなく、MCでも息の合った絶妙なやりとりを繰り広げたYOSHIKIとToshl(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 スクリーンに映し出されたhideのギターの旋律を肌身に感じながら、Toshlが爆発寸前の感情を抑え囁くように歌いだした。Toshlの「紅だー!!」の叫びを合図に演奏は『紅』へ。溜め込んだ感情を一気に吐きだすように勇壮な演奏が場内に轟きだした。会場中の誰もが大きく手を振り、舞台上から解き放たれた想いを全身で受け止めていた。後半に生まれた、Toshlと観客たちによる熱狂的な歌の交わし合い。会場中の人たちが一つになって歌ったときの魂が震える感動と興奮。あの瞬間を味わいたくてX JAPANのライブに足を運んでいる人たちも少なくないだろう。この瞬間、みずからもX JAPANの一員としてこの高揚を全身で受け止めていけるのだから。

 「ENDLESS CHALLENGE、やっぱ永遠に挑戦し続けるしかないよね」。そう語ったのはYOSHIKI。ここでドキュメンタリー映画『WE Are X』のテーマ曲『LA VENUS』を触りだけ披露。とてもX JAPANらしい、触れた瞬間から魂を無垢にしてゆく美しい歌に心がとらわれていた。この楽曲を耳に目にしていける日を楽しみにしていたい。

 猛々しい演奏が轟きだした。X JAPANはモンスターロックナンバー『BORN TO BE FREE』を突き付け、会場中の人たちを巨大な音のウネリの中へと飲み込んでゆく。怒りにも似たその荒ぶる演奏は、身体を思いきり揺さぶらずにいれなかった。

 「悔いを残すな、気合いを入れていけー!」。Toshlの言葉を合図にYOSHIKIのドラムビートが轟くと同時に『X』が飛び出した。会場中の人たちが頭を振りまわし、頭上高く掲げた手を振り上げ、X JAPANの演奏をしっかり身体で感じながら「X」と想いを叫びながら飛び跳ねていた。その光景のなんと圧巻だったことか。

X JAPAN(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

X JAPAN(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 YOSHIKIは叫んでいた、hideやTAIJIにもその声を届けようと。大勢の仲間たちと一緒にYOSHIKIは、X JAPANのメンバーたちは「WE ARE」「X」と何度も何度も叫んでいた。止まぬ「X」の叫び声。最後にはYOSHIKIみずから「飛べ!! 飛べ!! 飛べ!!」と観客たちを煽り、さらに観客たちを興奮の高みへと連れていった。まさに凄まじい熱狂を抱いたまま、X JAPANはステージの幕を閉じていった。

 X JAPANのテーマ曲『WORLD ANTHEM』が鳴り響く場内。ふたたび舞台上に姿を現したメンバーは、珠玉のバラード『ENDLESS RAIN』を優しく切々と歌い奏でだした。この曲へ触れるたびに、心が感動で打ち震えてゆく。何より、会場中の人たちと一緒に合唱してゆくときのなんとも言えぬ感動。あの美しい興奮だけは、やはりリアルに感じたい。

 SUGIZOの奏でる悲哀さ携えたヴァイオリンの旋律。その調べを受けて奏でたYOSHIKIのピアノの調べ。その音色に重なりだしたシンフォニックな音色。YOSHIKIが昂る感情のままにピアノを叩きつけ、ドラム台へ移動。

 最後にX JAPANは『ART OF LIFE』を演奏。激しく勇壮な、何処か刹那を忍ばせたドラマを描きながら演奏はクライマックスへ。最後はYOSHIKIがドラム台の横に倒れ、Toshlが絶叫し倒れる。3日間のに及んだX JAPANのステージの幕を華やかに閉じていった。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ