「LUNA SEAは加速度を上げて走っていきます」と宣言したLUNA SEA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

「LUNA SEAは加速度を上げて走っていきます」と宣言したLUNA SEA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇LUNA SEA

 最終日の1曲目を飾ったのは、LUNA SEAの名前を一躍世間に広めた『ROSIER』だった。演奏が始まった途端、会場中の人たちが大きく手を振り上げ、RYUICHIの歌に思いきり声を返してゆく。ここにいる全員で『ROSIER』を作り出すのが当然のように、誰もがこの歌を自分のエンブレムとして胸に掲げながら歌っていた。

 「君の描く夢を見ていたい」、サビ歌始まりの『BELIEVE』だ。その歌は、心に情熱を沸き立たせてゆく。演奏に触れている間、ズッと昂る感情を抑えられなかった。そのくらい心に沸き上がる熱をこの歌が与えてくれる。サビでは、会場中の人たちがRYUICHIと一緒に歌う場面も。それ程までに大勢の人たちが、LUNA SEAの歌を大切な相棒として受け止めていた。

 「これからもさらにLUNA SEAは加速度を上げて走っていきます。幕張いくぞー!!」。熱を携えた演奏が一気に炸裂。雄大に構えながら、でもそこには、今にも挑みかからんばかりに牙を剥き出した5人の表情があった。抱くような温かい演奏の中へ凛々しさを滲ませた『DESIRE』。場内に膨らんだ熱をしっかりと抱きしめるように、抱きしめたたくさんの想いを抱え一緒に未来へ連れていくよう、LUNA SEAは『END OF SORROW』を雄々しく歌い、奏でていた。

 次々と吹き出す無数の炎を背景に、LUNA SEAはノイジックでダウナーな『Sweetest Coma Again』を通し観客たちを異世界へと導き出した。重い音の唸りの中にいるだけで、意識がパラレルワールドへトリップしていきそうだ。

LUNA SEA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

LUNA SEA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 眩しい大きな光で包み込むように、LUNA SEAはゆったり朗々と『gravity』を歌いだした。RYUICHIは切なさを秘めた声色を通し、観客たちの心をガッとつかんでいった。

 「今夜集まってくれたすべての仲間たちへ、心を込めて」、RYUICHIの言葉に導かれるように届けたのが、美しくも切ないバラード『I for You』。想いを噛みしめながら歌う声が、触れた人たちの気持ちを優しく濡らしていた。

 後半戦の盛り上がりを描く発火点となったのが『STORM』だ。大きな嵐を巻き起こすように、勇壮な音の塊が雄々しくせまってゆく。

 魂を震わせる歌は、次第に輝きを増し始めた。眩い光を放つように『SHINE』か飛び出した。大勢の人たちが大きく手を翳しながら、眩しいその輝きをしっかりと受け止めていた。

 ザクザクとしたSUGIZOのギターの音が炸裂。高まった興奮をより高い熱狂へ導くように、LUNA SEAは『TONIGHT』を披露。<キミだけの夜に♪>。その言葉に対して誰もが心の中で叫んでいたに違いない、その言葉や想いがあるから明日へ走れる自分になれるんだと。

 そして、「お前たちの魂を俺たちに預けてくれ」。会場中に響き渡った「I WISH!!」の叫び声。LUNA SEAが最後に届けたのは5人の、何よりLUNA SEAを支持する人たちすべての明日への願いを詰め込んだ『WISH』だ。この歌に触れるたびに気持ちが熱くなる。いや、次々と沸き上がる熱い気持ちに全身が包まれ、とてつもなく強い自分になれる。明日を楽しめる自分に変えてゆく力がLUNA SEAの歌にはある。場内中に響き渡った「ラララ」の大合唱。たくさんの輝きをありがとう。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ