パンキッシュに暴れ狂う様に塗り変えていったcali≠gari(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

パンキッシュに暴れ狂う様に塗り変えていったcali≠gari(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇cali≠gari

 場内のあちこちに照らされたペンライトの光へ誘われるよう、cali≠gariのライブはダウナーで妖しげな香りを漂わせた『オーバーナイトハイキング』でスタート。照明を一切灯さない、無数のペンライトの光を頼りに、彼らは舞台上でゴシック&メロウな歌を奏で出した。

 『マネキン』を合図に、彼らは一気にギアをグッと上げてゆく。ソリッドでスリリングな演奏が、身体に嬉しい緊張感と高揚を与えていく。速度と激しさのレベルをどんどん上げながら、まさにcali≠gariは熱狂へと進みだした。

 さらにスリリングさと激しさのギアを上げcali≠gariが突き付けたのは、エレクトロでパンキッシュな『マッキーナ』。途中トランシーなダンスパートも挿入、場内をクレイジーなダンスフロアに変えてゆく場面も。走り出した熱狂は誰も止められない。

 なんて極彩色な印象を与えてゆく楽曲だ。ダーク&エレクトロなボディミュージック『淫美まるでカオスな』が、場内を妖しい秘密のクラブパーティ会場へと様変わりさせた。感覚を激しく揺さぶるダンスロックに導かれ、ただただ躍り狂えばいい。それが、今宵の宴の楽しみ方。身体が導くままに大きくその身を揺さぶり弾ければ、それが正解だ。

 スケールあふれる音のパノラマが目の前に広がりだした。荒々しく掻き鳴らすギターの旋律を合図に『アレガ☆パラダイス』が連れ出したのは、宇宙空間を彼らと一緒にランデブーしてゆく感覚。cali≠gariが届けたのは、頭をハイに、楽しいパーティへ導くスペーストリップなダンスロック。火照った気持ちのまま、何時しか彼らと一緒に大きく手を振りながら、大勢の人たちが笑顔で戯れていた。

 一転、サイレンの音へ導かれるように流れたのが、破壊的な音を降り注いだ『サイレン』。奈落へ一気に急降下するようにダウナーな音へ意識が浸食されてゆく。でも、闇が支配する奈落の底で一緒に激しく蠢く感覚がとても心地好かったのも事実。

 最後にcali≠gariは『クソバカゴミゲロ』を激しくブースト。会場の人たちを彼らはパンキッシュに暴れ狂う様に塗り変えていった。狂ったように叫ぶヴォーカルの石井秀仁。巨大な密室の中、欲望剥き出しに襲いかかった姿のなんて神々しかったことか。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)