サムネイル用

笑いあり、ヘドバンありの圧巻ステージで魅了したゴールデンボンバー。YOSHIKIも参戦した(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇ゴールデンボンバー

 まさかX JAPANのコスプレ姿をして登場するとは。しかも「水商売をやめてくれない(紅)かー!!」と『紅』のフレーズに合わせて叫んだあとに、そのままX JAPANの『紅』をカバー。もちろん演奏はエアー。要はどこまで本物に成りきってはしゃげるか。『水商売をやめてくれないか~紅』の展開は、会場中の人たちの笑いのツボをしっかりと掴んでいた。ちなみに、この日のドラムセットはYOSHIKIから借り受けたもの。

 哀愁歌謡メロな歌も印象深い『抱きしめてシュヴァルツ』では、じっくりと歌を聴かせてゆく。間奏ではうまい棒を組み合わせ模倣したhideのギターを食べれば、樽美酒研二がCo2を振り巻いたりドラムセットへ飛び込んだりと、X JAPAN…いや、YOSHIKIのステージパフォーマンスのパロディをやりたい放題。

 『欲望の歌』ではMVを背景に流しながら歌唱。この楽曲の演奏にもX JAPANのパロティ要素を組み込めば、MVへはいろんなヴィジュアル系バンドのパロディ映像も投影。ヴィジュアル系にメチャクチャ愛情があるからこそ、リスペクト精神のもと彼らは本気でちゃかしてゆく。観客たちも、徹底した成りきり&ちゃかしっぷりを大いなる愛情を持って楽しんでいた。

ゴールデンボンバー(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

ゴールデンボンバー(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 『(十字架の記号)ザ・V系っぽい曲(十字架の記号)』では、手で花を咲かせれば、ヘドバンをしたり身体を前後に激しく折り畳んだりと、ヴィジュアル系バンドのライブ特有な騒ぎ方を彼らは場内に描きだしてゆく。随所に見せるヴィジュアル系らしい楽しみ方やステージングの細かいパロディにクスっとしてしまうのも、ゴールデンボンバーがそのツボを心得ているからこそ。しかも、初めて触れた人たちでもすぐに対応できるノリを作っていたように。いつしか場内は全力でヘドバンしてゆく人たちで溢れていた。

 最後は、『女々しくて』に合わせ会場中の人たちが、右手を上げながら跳ね続けていた。メンバーそれぞれの動きから眼がシャキ…ではなく目が離せないのはもちろん、会場中が樽美酒研二に導かれ、X JUMPしてゆく光景に。エンターテイメント性満載なステージングに誰もが無我夢中ではしゃぎ続けていた。

 終盤にはYOSHIKIが乱入し『女々しくて』をリアルにドラム演奏。まさかのサプライズに観客たちも大興奮だった。(取材・長澤智典)

この記事の写真
サムネイル用

記事タグ