轟く音を解き放したvistlip(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

轟く音を解き放したvistlip(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇vistlip

 vistlipのライブは『SINDRA』からスタート。胸をグッとつかむ歌へ瞬時に心が惹きつけられた。歌に乗せ響き出した演奏が気持ちをはしゃがせてゆく。それを感じれた途端、彼らのライブへ意識が一気に集中していく感覚を覚えていた。

 天へ向かって駆け出すように、高揚した熱を『Recipe』が届けてゆく。その演奏と優しい歌声に触れていると、一緒に天へ駆け上がりたい気持ちになっていた。vistlipは情熱を抱いた演奏を通し、一緒に熱狂へ飛び込もうと手を差し伸べてきた。その誘いに乗らないなんて有り得ないこと。

 轟く音が客席へ向かって解き放たれた。気持ちを熱く揺さぶる激しい演奏に触発された人たちが、一斉に大きく身体を揺さぶりだした。暴れたい感情の導火線に火をつけた『My second B-day』。猛々しくもヒステリックな演奏が爆発。轟く演奏に身体が熱く熱くシェイクされてゆく。サビ歌の持つ解放感のなんて心地好いことか。

 激しさと歌心をミックスした『GLOSTER IMAGE』。最後にvistlipはダークでダウナーな『LAYOUT』を演奏。それまでの熱狂さえも引き連れ、どっぷりとした闇の世界へ心地好く堕ちていった。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ