LA’rc~en~CielのKENも乱入。MUCCのステージに華を添えた(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

L’Arc~en~CielのKENも乱入。MUCCのステージに華を添えた(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇MUCC

 闇の底から音色を響かせるよう、厳かなギターの旋律が場内へ反響してゆく。漆黒の世界から一つの生命が誕生するように、黒い歓喜を持って『睡蓮』が流れだした。呪詛めいた言葉をつぶやきながら、MUCCの導きによって闇に生まれたその華はゆっくりと開花していく。楽曲が進むごとに歌声や演奏が熱を帯びてゆく。なんて心の奥底から感情を解き放つ楽曲だろう。これは、魂を開放してゆく歌?? そんな感覚さえ覚えていた。

 ラウドでエレクトロ、感覚を彼方へブッ飛ばしてしまうくらいスケールあふれたトリップ&トライヴァルナンバー『ENDER ENDER』が飛び出した。豪快で轟音なダンスロックに誰もが身を預け、音の洪水へ嬉しく溺れてゆく。破壊的な音なのに歌も演奏も輪郭がハッキリしているからこそ、その衝撃が嬉しいくらいに身体を震わせていた。

 ラウドでワイルドな演奏が鋭い牙を剥き出しに襲いかかった。逹瑯自身「X JAPAN超リスペクトナンバー」と言ってたように、『KILLEЯ』は凄まじい速度で疾走してゆくラウド/ハードロックナンバー。間奏のギターソロも、まるでhideのよう?。そんなリスペクトな想いも込めながら、楽曲は暴れ狂っていた。

激しさだけでなく説得力のある歌でも魅了したMUCC(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

激しさだけでなく説得力のある歌でも魅了したMUCC(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 「こっからまたうちらが格好いいヴィジュアル系に戻していかなきゃなと思ってる。化粧してヴィジュアル系をやってるんですよと胸を張って言えるようにしていきたい」。逹瑯の言葉に続いて届けたのが、美しくも、何処か破滅へ向かう感覚さえ覚えるバラードの『ハイデ』。影や悲壮を背負いながらも小さな光をつかもうとしてゆく音楽表現がヴィジュアル系スタイルの一つなら、その様を、感動や感涙と一緒に具現化したのがこの歌だ。

 YUKKEの唸るベースに激情なミヤのギターが絡みついてゆく。呪詛を唱えるように逹瑯が言葉を吐きだしていく。スリリングな…いや、もの凄く高い緊張感を持って『蘭鋳』が襲いかかってきた。その演奏に触発され荒れ狂う場内の人たち。

 最後にMUCCは、脳天を叩き割るほどの衝撃とともに『TONIGHT』を叩きつけた。凄まじい破壊力を持った音に触発され、誰もが全力で頭を振り暴れ続けてゆく。ただ激しいではない、歌に強く惹かれる力があるからこそ歓喜の声を上げずにいれなかった。この曲ではL’Arc~en~CielのKENも乱入。破壊力満載なギターの音を轟かせ、狂ったパーティに華やかな熱狂を寄り添えていた。(取材・長澤智典)

記事タグ