張り裂けんばかりの気迫で魅了したDIAURA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

張り裂けんばかりの気迫で魅了したDIAURA(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇DIAURA

 「独裁の庭、幕張メッセへようこそ。ぶち噛ますぞ愚民(観客)どもー!!」。DIAURAのライブは奈落の底から這い上がるよう、ジワジワと黒い熱を沸き上がらせる『胎動』から幕を開けた。次第に楽曲は、ゴシックでハードな姿へと変貌してゆく。演奏が進むごとに躍動と熱を膨らませてゆく歌に触発され、ステージ前方ではすでに暴れ出す人たちも。

 観客たちを熱く熱く煽りたてるヴォーカルのyo-ka。『赤い虚像』を合図に、DIAURAのライブへ絶叫と熱狂が一気に描き加えられた。凛々しく雄々しく攻めてゆくyo-ka。彼の感情を後押しするようにサイコティックでヘヴィな演奏が唸りを上げ絡みついてゆく。狂気を抱いた演奏なのに、歌がとてもメロディアスなせいか、スーッと胸に染み込んできた。だからこそ、激しい中でも歌に耳が惹かれていた。

 「俺らはヴィジュアル系の誇りを持ってここに立ってるんだ、愚民どもお前らも叫べ!!」。ゴシックでシンフォニックな要素も匂わせながら『倒錯症レジスタンス』が流れだした。その身が張り裂けんばかりの気迫でメンバーらは観客たちへ挑みかかっていた。何故なら、ここは感情と感情とをぶつけあう戦いの場だと彼らは知っているから…。

 「お前たちのMASTERは誰だ?!」「yo-ka!!」の掛け合いを合図に飛び出したのが、DIAURAの代表曲『MASTER』。愚民どもの頭をガンガンに振りまわせば、サビでは、胸を昂らせ高揚した気持ちを与えてゆく歌に心が嬉しく震えていた。大サビで生まれた歌の合唱。熱狂と熱情が一つに溶け合ったとき、そこには心を震わせる嬉しい感動が生まれていた。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ