真っ直ぐに剛速球なロックナンバーをぶつけたTHE SLUT BANKS(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

真っ直ぐに剛速球なロックナンバーをぶつけたTHE SLUT BANKS(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇THE SLUT BANKS

 何もかもなぎ倒すように、THE SLUT BANKSは『TOY』を豪快にぶっ放しながらライブを幕開けた。ギミックなど必要ない、ただただ沸き上がる感情のまま魂を全力でぶつけれはいい。それ以外、この舞台上に何が必要と言うんだ。

 重低音轟かせ疾走し続ける演奏。沸き上がる衝動のままにTHE SLUT BANKSは『デビルモンキースパナ』を叩きつけてゆく。荒ぶるロックンロールな演奏はどんどん熱を帯びていく。

 「東京の腐った役人どもに叩きつけるぜ」。ギラついた感情をぶつけるように、THE SLUT BANKSは『東京迷子』をアグレッシブに叩きつけた。何もかぶち壊すように暴走してゆく演奏。昂った気持ちは、どんどん上げ続ければいい。

 一転、『雨に撃たれたとでも思へ』では、秘めた想いを吐きだすようにTUSK(Vo)はじっくりと歌いあげていた。激しいだけではない、彼らの心にパンクな精神が宿っているからこそ、哀愁漂う歌にさえ尖った熱を感じずにいれなかった。

 後半は、THE SLUT BANKS流のパーティロックチューンを連発。“ゴキゲン”に、豪快にロックンロールした『ROCK BABY』、弾けた勢いへ拍車をかけるように爆走し続けた『Pandemic Dance』。次々とあふれ出す豪快なパーティロックン・ロールナンバーへ飛び乗り、誰もが無邪気にはしゃぎ続けていた。

 最後の『NoisyLove』でも破天荒なパワー全開のもと、真っ直ぐに剛速球なロックナンバーをぶつけ、これが俺たちの姿勢だとばかりに豪快に暴れながらTHE SLUT BANKSは舞台を降りていった。ノーギミックな姿勢、めちゃ潔くて格好良いじゃないか!!(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)