バトル渦巻くライブハウス空間に塗り替えていったRoyz(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

バトル渦巻くライブハウス空間に塗り替えていったRoyz(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇Royz

 会場へ熱を伝えるように、Royzのステージは『Emotions』から始まりの鐘を鳴らした。ミッド&ラウドな。でも、歌にはとても抑揚を持った熱があふれていた。

 Royzは、激しい中にも胸を揺さぶる歌を魅力にしているバンド。その真骨頂を示すハード&ロマネスク/耽美浪漫&高揚メロウな魅力を携えた『LILIA』を奏で、観客たちを暴れ狂わせながらしっかり歌で気持ちも掴んでいた。

 「また生きて歌いたい」、火がついた熱狂を止めてなるかとばかりに、Royzは最新ナンバー『ANTITHESIS』を通し、熱狂で観客たちを抱きしめていた。彼らは終始、挑む姿勢を崩すことはなかった。この日のイベントに痛い爪痕を残してやろうと、ほとばしる感情を全力でぶつけ続けていた。

 昂る熱をすべて放出するよう、最後にRoyzは歌物ながらも激しさを満載した『THE BEGINNING』を全力でぶつけ、その場をバトル渦巻くライブハウス空間に塗り替えていった。(取材・長澤智典)

この記事の写真
写真・Royz「VISUAL JAPAN SUMMIT」(1)

記事タグ