「ヴィジュアル系をより世界へ広めるため先陣を切っていきます」と高らかに宣言したVersailles(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

「ヴィジュアル系をより世界へ広めるため先陣を切っていきます」と高らかに宣言したVersailles(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇Versailles

 客席中から響き渡った「We Are」「Versailles」のコール。すでに海外でも積極的に活動しているゴシックでフンフォニックなV系ハードロックバンドのように、世界を舞台にヴィジュアルシーンを牽引する存在として大勢の人たちがVersaillesへ熱い支持を表明していた。

 Versaillesのライブは、美しく華やかで疾走性を抱いた『Aristocrat’S Symphony』から花が開いた。耽美で華激というヴィジュアル音楽の王道スタイルを、Versaillesは『Aristocrat'S Symphony』を通して朗々と、堂々と突き付けてゆく。雄々しくも華やかな姿が、なんて輝きを放っていたことか。

 続く、哀切な香り漂うミッドメロウ/ハードロマンな『Sympathia』では、優しく抱きしめるように歌うKAMIJOの歌声に、誰もが微笑みを浮かべながら抱かれていた。

 「Versaillesはヴィジュアル系をより世界へ広めるため先陣を切っていきます」、その言葉を確かな決意を持って宣言したと証明するように、Versaillesは最後に『The Revenant Choir』を叩きつけた。

 メロディアスでアグレッシブでドラマティックな…耽美で刹那で過激にドラマを描きながら疾走してゆくハードロックな楽曲は、ヴィジュアル系という歴史の中で連綿に語り継がれてきたスタイル。

 Versaillesは、X JAPANの遺伝子をハードでロマネスクな装いを持って受け継いでいる。その姿勢をまざまざと見せつけたライブだった。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ