観客たちを跳ね踊る宴の空間へ導いたダウト(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

観客たちを跳ね踊る宴の空間へ導いたダウト(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇ダウト

 華麗な歌系ダンスロック『感電18号』を通し、観客たちを跳ね踊る宴の空間へ導いたのがダウト。歌で身体を踊らせる。歌に酔いしれ、無邪気に騒ぎ狂う。体感的な熱狂も刺激的だが、心を躍動させる高揚は何度でも味わいたい快楽だ。

 胸を“スカッ”とくすぐる歌物ナンバー『飛行少女』を魅力に、ダウトは心が騒ぎだすパーティ空間へ観客たちを連れ出した。はしゃがずにいれない嬉しいときめきを感じるのも、魅惑的な媚薬を忍ばせたダウトのメロディアスな歌に気持ちをくすぐられるから!?。

 後半には「ニッポンジン」の掛け声が飛び交った『MUSIC NIPPON』を演奏。ダウトは躍動する楽曲へ大和魂を乗せてきた。日本で生まれたヴィジュアル系という音楽文化。それを支えるバンドの一つと自負するからこそ、彼らはその心意気を示したかったのかも。

 最後もダウト流の“和ロック”ナンバー『花咲ビューティ』を奏で、会場中に華やかで艶(つや)やかな熱狂を描きだしていた。舞台上で輝くダウトの艶(あで)やかな姿は、とても眩しく見えていた。(取材・長澤智典)

この記事の写真

記事タグ