サムネイル用

演奏が進むごとに熱気と熱狂が増していったゴシップ(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇ゴシップ

 最初から“奴ら”は、この空間で暴れ狂うことしか頭になかった――。「かごめかごめ~狂ったようにくすくす笑う」、狂ったように嘆き叫ぶヴォーカル朔のアカペラからスタート。『R-18』の演奏が始まった途端、狂気を孕んだ意識へ次々と熱狂の毒薬が注がれだした。どういうことかって、ゴシップの毒を撒き散らす楽曲に触発され、理性がどんどん消え続けてたということ。

 ド頭から攻撃的な演奏を叩きつけ、観客たちの頭を思いきり振りまわし、ゴシップは、触れた人たちの理性を外へ外へと吹き飛ばしてゆく。『お仕置きの時間』ては、メンバーたちが横一列に並び奇妙な踊りを見せれば、重量感溢れる演奏で観客たちの頭の螺子(ねじ)を飛ばしては、暴れる人たちが入り乱れた宴の中へ次々と仲間を増やしていった。

 演奏が進むごとに狂気と熱狂が増してゆくステージ。その過激な毒に触発され、その場で飛び跳ねる人たちも続出。『とあるアイドルヲタクの異常な愛情』では、朔と観客たちによる絶叫のコール&レスポンスが炸裂した。

 最後にゴシップは、激烈ハードコアナンバー『【Psycho≠pass】』を突き付け、会場中を暴れ狂うパンキッシュなライブバトル空間へと導いていった。(取材・長澤智典)

この記事の写真
サムネイル用

記事タグ