サムネイル用

キャリアに裏付けされた存在感で魅了したTHE MICRO HEAD 4N’S(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇THE MICRO HEAD 4N’S

 元FANATIC◇CRISIS/元D'espairsRay/元Aと、ヴィジュアルシーンの最前線に立ち、牽引してきたバンドのメンバーらが集また、THE MICRO HEAD 4N’S。舞台上へ姿を現したときから人を惹きつけるオーラを放っていたように、キャリアに裏付けされた存在感はさすがだ。

 彼らは、冒頭からスタジアムロックナンバーと呼ぶに相応しい勇壮かつ躍動する『SCANDALOUS』『VOLCANATION』を立て続けにぶつけ、会場中の人たちの身体を大きく揺らしていった。

 『Deeper Than Black〜闇色の翼〜』では、観客たちが「WOWOWOW」と歌い叫ぶ風景を導き出してゆく。とても心地好い一体感が早くもそこには広がっていた。

 彼らは一度昂った熱を決して落とすことはなかった。音のウェイトとスピードを上げながら、THE MICRO HEAD 4N’Sは雄々しく躍動してゆく『MONSTER'S ROAR』をぶつけ、観客たちを熱狂という宴の中へ連れ出した。

 戦いを挑み続けることがこのバンドの信念とでも言うように、彼らは決して攻撃の手を緩めなかった。最後に『SEVENTH COLOR』をぶつけた頃には、気持ちを羽ばたかせる開放的な歌へ導かれるよう、舞台前の人たちが熱狂をまといながら思いきり身体を揺らし続けていた。(取材・長澤智典)

この記事の写真
サムネイル用

記事タグ