写真・益若つばさが笑顔コンプレックス明かす

笑顔へのコンプレックスを明かした益若つばさ

 過去に“Milky Bunny”名義で歌手デビューしている、モデルでタレントの益若つばさ(30)が19日未明、ツイッターで、10代の時に遭った事故をきっかけで「歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手のなの」と告白。周囲からは、笑顔が不自然、なぜ歯を出して笑わないのかと言われることもあるようで「自分なりに考えた結果ニコになったの」との悩みを打ち明けた。

 益若は19日未明、自身の“笑顔”に関するコンプレックスをとうとうと語った。「昔は甘くない少年みたいな顔がコンプレックスで、必死にたれ目にたれ目にってメイクを濃くして誤魔化してたけど、それでも与えられる衣装はデビルとか小悪魔系で…笑」とギャップに苦しんだ過去を綴り、「ずっと天使でふわふわな人になりたかったけど今は甘すぎない悪そうな顔って逆にいいじゃん!てプラスに考えられるようになったよ」と受け止めていることを伝えた。

 さらに、益若は「私は10代の時に交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手なの」と衝撃の体験を告白。「だから笑顔が不自然とかなんで歯出して笑わないのとか言われて私も昔みたいに心から笑いたいよって思うけど、自分なりに考えた結果ニコになったの」と打ち明けた。

 そして、「だからまだ事故以来10年以上色んな歯医者さん通っては歯を治し続けてるんだけど まだまだコンプレックスだから今はまだあんまり上手く笑えないけど、いつの日か克服できて気にしなくなれたらとびきりのスマイルを毎日お届けするわ」とコメント。コンプレックスを克服して最高の笑顔が出せる日を待ち望む様子を伝えると、多くのファンから励ましのメッセージが届けられた。

この記事の写真
写真・益若つばさが笑顔コンプレックス明かす

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)