写真・きゃりー酒での失敗を語る

酒での失敗談を語ったきゃりーぱみゅぱみゅ

 きゃりーぱみゅぱみゅ(23)は、小さい頃から野菜を食べたこなかったなど、偏った食生活を送ってきたことを明かした。

 9日放送された、日本テレビ系『しゃべくり007』にきゃりーがゲスト出演し、驚くべき偏食ぶりを語った。23歳の大人の女性となり、生まれ変わりたいと語るきゃりーは、最近やっとレタスやキャベツなどの葉物野菜を食べ始めたという。

 番組MCを務める、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也(46)が「子供のころから何かしら食事でトマトとかキュウリなど野菜は出されるでしょ?」と尋ねると、きゃりーは「給食でも、私はお野菜大丈夫なんで(と断ってきた)」と答え、スタジオは驚愕の声を上げた。

 上田が「食べたこと無い物教えて」と質問すると、きゃりーは「カリフラワー、アスパラガス、ブロッコリーもまだ食べたことないですね…」と返した。番組レギュラーコメンテーター(RC)のくりぃむしちゅー有田哲平(45)は「アスパラガスうまいのに」と、きゃりーの偏食ぶりを嘆いた。

 また、きゃりーは「最近ドレッシングかけたら結構、野菜食べれると思ったんで、何かお勧めがあったら教えて欲しい」と話すと、番組RCでお笑いトリオのネプチューン堀内健(46)が「『ステーキなぐら』のドレッシング旨い」と番組RCのネプチューン名倉潤(47)の実兄が経営する『ステーキなぐら』のドレッシングを勧めた。

 ちなみに、きゃりーは、ツイッターを通じていろんな騒ぎを起こしていることから中田ヤスタカが、そのきゃりーの姿を投影させて「もんだいガール」という曲(「問題のあるレストラン」主題歌)をつくり、2015年3月にリリースしている。この偏食ネタが“もんだいガール”ならぬ“偏食ガール”のような楽曲が作られるのか、今後の楽しみの一つとも言えそうだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)