NMB48の“みるきー”こと渡辺美優紀(22)の発言に賛否が起きている。同グループからの卒業を発表した渡辺だが、具体的な事は明らかになっていない。そうした背景もあってか、握手会で、一部のファンから直接聞かれることもあるようで、渡辺はSNS上で「個人的に聞かないで」と呼びかけた。こうした渡辺の行動に、同情の声が挙がっている一方で、過去に卒業を匂わせる発言をしたことを指摘し「自業自得」などと厳しいコメントも寄せられている。

 4月13日にAKB48グループからの卒業を発表した渡辺。4日にトークアプリ「755」で、「公式発表されてないことを握手会などで個人的に聞かないでください」とファンに向けて呼びかけた。「発表されるまでは決定じゃないし、私もわからないことが多いので」とも綴ってメッセージを発信。これにファンは「みるきーかわいそう」などと同情の声を挙げたが、懐疑的な声も殺到した。

 卒業発表する前、渡辺は今年6月18日に新潟で開催されるAKB選抜総選挙への不出馬をツイッターで発表。その直後に同じくツイッターで、「言いたくて言いたくてたまらない。いつも応援してくださってるみなさんにいち早く」などとつぶやき、意味深発言として話題をさらった。さらに、トークアプリ「755」で、握手会に参加するか迷っているファンに対し、「申し込まないでください。そこまでここにはいないと思うので」と卒業を匂わせるようなコメントを寄せている。

 これら一連の経緯を踏まえ、ファンからは厳しい声が飛んだ。卒業時期や卒業コンサート、卒業後のことを聞かれていると推測しつつ、「自業自得」「自分が先に言ってる」「曖昧なことしか言わないんだからそりゃ聞かれる」などのコメントを投稿し、ファンから直接聞かれる原因が渡辺にあると指摘した。

 ファンからは「数人なら軽くあしらうのかもしれないが、来るヤツ来るヤツたくさん聞いてくるんだろうな」と理解を示すコメントも見られており、渡辺のメッセージに対してはファンの間でも賛否が分かれているようだ。

 AKBグループでも屈指の人気を誇った渡辺。卒業後の進路はまだ明らかになっておらず、芸能界を引退するとの情報も取りざたされている中で、ファンは気が気ではない状況ともいえそうだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)