25歳生誕公演で殺陣を披露した仙石みなみ

25歳生誕公演で殺陣を披露した仙石みなみ

 アップアップガールズ(仮)が、仙石みなみの25歳の誕生日である4月30日に、東京・渋谷WWWにて、仙石をフィーチャーした公演『仙石みなみ生誕公演 ~武士女道~あなたのハートを斬る』を開催。演劇とライブを交えた、普段のライブとは違ったスタイルで行われ、仙石は本格的な殺陣を披露した。

 “好きな言葉は侍魂”というキャッチフレーズを使うほど侍好きの仙石だけに、演劇ユニット30-DELUX の役者陣が参加した音楽時代劇『Road to SAMURAIDOL』が繰り広げられていく。

 仙石がステージに登場すると、ソロで「なめんな!アシガールズ」歌唱。そこから戦国時代を舞台にした演劇が始まった。

 仙石の役柄は、御屋形様に仕える女侍。人を傷つけたくないという思いから刀を抜けない彼女が、成長しサムライドルを目指していく物語だ。

仙石みなみ

仙石みなみ

 御屋形様が敵侍に拐われてしまい、御屋形様を救うために決闘を余儀なくなされた仙石。悩んでいる彼女の前に『スター・ウォーズ』のオビワン的なマスターが現れ、「刀は人を傷つけるだけではなく、乗せる想いによっては人を生かす刃となる。そうできるかはお主次第。迷いを自らの刃で断ち切れ!」という言葉を放つ。

 マスターの声に意を決した仙石は、「私は、おのれ自身の刃でみんなを笑顔にしたい! それが私が求めるサムライドルの道だぁぁあ!」と刀を掲げる。

 御屋形様を助けるため敵侍との戦いに挑むと、斬られた敵侍が「み~~~こ!!」と仙石のとりこになっていく。「私のアイドル魂を乗せた刀でハートを斬られると、私のファンになる」という仙石流のサムライドルの極意を身につけた彼女は、無事に御屋形様を救出。「武士女道、ここに極まれり!」と仙石が声を上げ、演劇はハッピーエンドとなった。

 コメディ要素もあり真剣な場面も歌もありと、メリハリよく進んでいくストーリー展開は観客を終始惹きつけた。劇中の「バレバレI LOVE YOU」「虹色モザイク」などの楽曲は、仙石がソロで歌唱。クライマックスでは、仙石がオリジナルソロ曲「サムライドル」を歌いながら本格的な殺陣を披露した。仙石は、敵侍相手に見事な剣さばきを見せ、観客から大歓声を浴びた。

仙石みなみ

仙石みなみ

 演劇が終わると、公演の後半戦は、仙石が選曲を担当したアプガ全員によるライブコーナーに突入。スカのビートで跳ねまくる「アッパーレー」、エモさがたぎる「青春の涙」、愛と平和のメッセージソング「セブン☆ピース」が歌われていった。ドチャラクソパーリーチューン「パーリーピーポーエイリアン」では、佐保明梨が歌い出しのパートを仙石の生誕を祝うアドリブで歌唱。そして、会場中をパリピ化しライブ本編は終了した。

 観客は、仙石の愛称“みーこ”でのアンコールを叫ぶ。再び仙石がステージに登場すると、25歳を迎えた今の想いを語っていく。

 「昨日までの24歳も、全国47都道府県ツアーも回ったりすごく濃い1年でした。でも、なりたてほやほやの25歳が、もっと濃くなるなって今でさえもわかります。6月には初のZeppツアーがあったり、11月8日には日本武道館公演も決まっています。大事な1年に向けて、しっかりと帯を締めて改めて気合を入れて戦っていかなきゃいけないなって思います。ここからさらにさらに上に上に向かって、日本武道館に向かってみなさんと一緒に突っ走っていけたらいいなと思っています。そして、私は25歳児とか言われますけど、ちゃんと素敵な女性になりたいなと思います。25歳の仙石みなみ、戦うアップアップガールズ(仮)のこれからを、どうぞよろしくお願いします!」

 武道館公演に向けて気合い高まり、涙ながらに語る仙石の言葉に、観客から大きな拍手が鳴り響いた。

 ここでメンバーがステージに登場すると、バースデーケーキを仙石に渡すサプライズ。会場全体でハッピーバースデーを歌い、改めて彼女の誕生日を祝った。アンコールナンバーの「サイリウム」では、全ての観客が仙石のメンバーカラーの赤のサイリウムを振る。そして「このメロディを君と」が歌われると、温かい一体感に包まれてライブは締めくくられた。

 本公演は、仙石のほのぼのとした人柄、やるときはやる精神がたっぷりと詰まったライブとなった。また、公演中には、古川小夏の生誕公演が6月5日東京・AKIBA カルチャーズ劇場で開催されることが発表された。

公演写真ギャラリー

記事タグ