日本時間の22日朝に伝えられたアメリカの伝説的シンガー、プリンスさんの逝去。一夜明けた23日昼ごろ(日本時間)、米ニューヨーク在住で知られる歌手の矢野顕子はツイッターで、「アメリカのテレビではプリンスに関する事でいっぱい」などと現地の様子を伝えている。

 矢野は日本時間23日の昼過ぎにツイッターを更新し、「今日丸一日、アメリカのテレビではプリンスに関する事でいっぱい」と伝え、現地報道などテレビ番組の様子を伝えた。

 さらに、「デイヴィッドボウイが亡くなった時とずいぶん雰囲気が違う」と、1月に逝去したデヴィッド・ボウイさんとの報道の違いに言及。

 矢野はその理由について、「デイヴィッドが晩年あまり露出が無くとも、アイコンとして多くの人の尊敬を集めていた一方、アクティブに活動を続け、人々の生活の中に染み通っていたプリンスとの違いか」との見解を示している。

 「パープル・レイン」や「ビートに抱かれて」など世界的大ヒット曲で知られるプリンスさんは22日朝(日本時間)、アメリカ中西部のミネソタ州ミネアポリス近郊の「ペイズリー・パーク」と呼ばれる自宅で意識を失った状態で見つかり、まもなく死亡が確認されたことが伝えられた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)