ネスレとのコラボ商品の売り上げを全額寄付することを表明したGACKT(撮影・小池直也)

ネスレとのコラボ商品の売り上げを全額寄付することを表明したGACKT(撮影・小池直也)

 14日夜から熊本県などで発生し、甚大な被害をもたらしている地震。被災地では避難所や車の中で生活する人も多く、いまなお続く余震が被災者を苦しめている。そうした中、浜崎あゆみやGACKT、SEKAI NO OWARIらミュージシャンの間で支援の手を挙げる動きが強まってきた。

 福岡出身の歌手・浜崎あゆみは18日、関係各所と連携し、震源地となった熊本へ向けた救援物資の第1便を送った。自身のツイッターやインスタグラムで、救援物資の提供をファンに呼び掛け、出身地である福岡県から熊本へ支援物資を届けた。「状況の深刻さに毎日福岡から支援物資を運んで頂ける事になりました」と報告し、随時、被災地へ向けて支援物資を送り込む手はずを整えた。さらに、浜崎は福岡市の高島宗一郎市長とやりとりし、確度の高い最新情報を届けていく約束をしたことを伝えた。

 ミュージシャンのGACKTは19日、東京・新宿駅前の新宿ステーションスクエアでゲリラライブを敢行。ネスレ日本「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」のGACKTモデルの発売を記念して実施されたもので、熊本地震の被災地に、同商品の売上を全額寄付することを表明した。

 GACKTは「今、九州の地震で色々な大変なことが起きていて、ネスカフェのスタッフと社長とみんなで話をして、今回のバリスタのGACKTモデルは、売り上げを全額寄付することにしたんだ」と報告。さらに、「みんなそれぞれやれることがあるから、そんなに大きなことじゃなくていい。ちょっとの事でいいからやれることをやろうぜ」と呼びかけた。

 4人組バンドのSEKAI NO OWARIも19日、現在開催中のツアーで販売しているシリコンバンドの収益金全額を被災地に寄付することを発表。Fukase(Vo)はツイッターで、メンバー4人で話し合い、シリコンバンドの「売上から必要経費を差し引いた収益金全額を寄付させて頂きます」と伝えた。メンバーのSaori(Piano、Key)は、シリコンバンドの数には限りがあると伝え、ツアー会場に設置した募金箱も活用してほしいと呼び掛けている。

 14日夜に熊本県を震源地に発生した大地震。16日未明には「本震」が起き、九州各地に甚大な被害をもたらしている。避難所や車の中で一夜を過ごす人も多く、ツイッターなどでは救援を求めるつぶやきが拡散された。ただ、現地の受け入れ態勢や交通手段など様々な課題が露見。救援物資を被災地に運ぼうとした熊本出身で歌手の水前寺清子が、現地入りを断念したとも伝えられた。

 演歌歌手の美川憲一は19日に出演したイベントで、親交のある熊本出身でものまねタレントのコロッケの家族を心配していることに言及。そして、「彼(コロッケ)も何か考えていると思いますので、お手伝いをしたい。時期を見て、皆さんと一体になって何か出来たらと思っています」と、タイミングを見計らい被災地支援に取り組みたい気持ちを伝えた。

 誰しもがもどかしさを抱える状況だ。T.M.Revolutionの西川貴教は、5年前の東日本大震災が起きた直後のツアーと同様、一切の演出、セットを排除し、「音楽のみを届けに行く」スタイルで5月13日から始まるツアーを行うことを発表。歌手活動を休止している大黒摩季やロックバンド・LUNA SEAの真矢(Dr)らは、被災地支援のサイト「がまだすばい!くまもと」にメッセージを寄せた。

 いま、できることは何か。ミュージシャンは、それぞれの試行錯誤を続けながら、支援の輪を広げている。(文・小野眞三)

記事タグ