PerfumeがMJ終了で謝意

NHK総合の音楽番組「MUSIC JAPAN」で司会を務めたPerfume(昨年10月撮影)

 Perfumeの3人が7年間出演してきたNHK総合の音楽番組『MUSIC JAPAN』の最終回で番組に対する謝意を述べた。“MJ”として親しまれてきた同番組の最終回でPerfume・大本彩乃(のっち)は「本当に7年間貴重な体験をさせてもらったなと思いました」と番組を振り返り感謝した。

 3日、NHK総合『MUSIC JAPAN』が2007年4月7日から2016年4月3日まで9年間の放送を終え、その幕を閉じた。この番組で2009年から7年間出演してきたPerfume・西脇綾香(あ~ちゃん)は「この番組でいろんなアーティストの方々とお友達になれましたし、他の現場で会った時も仲良くさせてもらったり。対バンライブ呼んでもらえたり、本当にありがたかったですね」と今回の放送で総集編として過去の映像を振り返る前に語った。

 この番組最後のパフォーマンスを飾ったのは、Perfume。番組スタッフの満場一致でのリクエスト曲である2006年の3rdシングル「エレクトロ・ワールド」を披露した。

 番組の最後は声優で歌手、ナレーターの水樹奈々が「毎回全力投球で皆さんの素晴らしいパフォーマンスをより多くの人に見て頂きたいと思ってナレーションしていました」と番組を振り返った。続いてPerfume・のっちは「最初は、自分たちが迎え入れてもらって、ゲストとして話すことばかりだった。アーティストの方々を迎えてインタビューするっていうのが本当に難しくて…本当に7年間貴重な体験をさせてもらったなと思いました。ありがとうございました」と番組に感謝の言葉を述べた。

 Perfume・樫野有香(かしゆか)は「この番組でステージに対する気持ちだったり、本番前にどういう決意で挑んでいるのか、曲のメッセージなどを直接聞けたのは嬉しかったですね」とコメント。そして、あ~ちゃんは「これだけ愛して、みんなの愛のつまった番組だったから、また特番なんかもあったら(嬉しい)」と続けた。最後は2014年からMCを2年間務めた、俳優、タレントのユースケ・サンタマリアが「僕はもうやりたい事全部やらしてもらった。MJは終わってしまいますが、またどこかでお会いできたらと思います」と締めくくった。

 視聴者からもツイッターで「MJ最終回めっちゃよかった もう、エレワ最高!!」「Perfumeのエレワ超かっこいい」「毎週Perfumeが見れなくなるwwこれは残念すぎるww」など最後のパフォーマンスに賛辞が送られると同時に、一抹の寂しさを吐露するファンも見られた。また、一部では、様々なミュージシャンが出演した番組の特性にも触れて「こうした番組がなくなるのは残念」と番組終了に惜しむコメントもあった。

この記事の写真
PerfumeがMJ終了で謝意

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)