DVD、Blu-rayboxのパッケージ

DVD、Blu-rayboxのパッケージ

 AKB48が、TOKYO DOME CITY HALLで、1月16日~1月18日の間3日間5公演開催した楽曲版総選挙イベントの模様を『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』として、同会場で1月22日~24日にかけて開催された楽曲版総選挙イベントの模様を『AKBグループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』としてそれぞれ収録したDVD、Blu-ray boxを27日に発売する。また、今回は購入者限定抽選で、メンバーと一緒に観るDVD鑑賞会に招待される特典もある。

 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』では、AKB48が3日間5公演を開催した楽曲版総選挙イベントの模様を余すことなく収録。3位には、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』主題歌として話題の「365日の紙飛行機」がランクイン。センターを務めたNMB48の山本彩(22歳)は、投票してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝え、AKB48で初のセンターを務めた朝ドラの主題歌を、「特別な楽曲です」と答えた。

 2位には、チーム8の「47の素敵な街へ」がランクイン。会場は熱いコールで包まれた。そしてAKB48単独楽曲の頂点には、アルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録されたSKE48松井珠理奈(19)のソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」が輝いた。

 『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』では、AKB48グループの楽曲が続々と披露され、連日満員の会場は盛り上がりを見せた。TOP10のうち、AKB48のシングル表題曲が4曲を占める中、第3位に単独リクアワでも2位にランクインした「47の素敵な街へ」がランクイン。チーム8全員が全力でパフォーマンスを披露した。2位には、SKE48初のドキュメンタリー映画の主題歌「僕は知っている」がランクイン。SKE48メンバーとファンの熱い絆が証明した。

 そして数多の楽曲の中から栄光の1位に輝いたのは、昨年12月に卒業を発表した宮澤佐江(25歳)がセンターを務める「奇跡は間に合わない」。会場のファンも一緒に、宮澤の最後のリクアワでの栄冠を祝った。

リリース情報

<SP-BOX / 商品概要>

AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016 スペシャルBOX
価格:DVD19,333円+税/Blu-ray23,143円+税

AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016 スペシャルBOX
価格:DVD\19,333円+税/Blu-ray 23,143円+税

発売日:27日

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)