スマホ参加型MVを公開した東京スカパラダイスオーケストラ

スマホ参加型MVを公開した東京スカパラダイスオーケストラ

 東京スカパラダイスオーケストラの新曲「月のウィンク」のミュージックビデオは、スマートフォン限定の視聴者参加型となる。このMVは、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが演奏する部屋から好きな1部屋を選び、自分のセンスで壁紙や家具を選んでインテリアをコーディネートすると、その部屋でメンバーが演奏するミュージックビデオがその場で完成する。更にその動画はそのまま再生&シェアできる。

 三菱電機株式会社は、ルームエアコン「霧ヶ峰」の新シリーズとして、部屋のインテリアに調和する洗練されたデザインと、省エネ・快適を実現した「霧ヶ峰Style(スタイル)FLシリーズ」を3月25日に発売した。商品発売に伴い、「STYLE meets STYLES」キャンペーンとして、唯一無二のスタイルでオーディエンスを魅了しつづける東京スカパラダイスオーケストラとコラボレーションしたMVを3月29日に公開。当初、グリーンバックの未完成風の映像のみの公開だった。

 そして、4月5日に本動画を素材とした、壁紙や家具を選んで、オリジナルMVが制作できるスマートフォン限定の視聴者参加型MVを公開した。本キャンペーンは霧ヶ峰Styleのコンセプトである「あなたのライフスタイルに響き合い調和する」を体現したプロモーションとなっており、この参加型MVを通じて、一人でも多くの人に楽しみながら霧ヶ峰Styleを知ってもらうことを目的としているとのこと。

 楽曲は、東京スカパラダイスオーケストラが本キャンペーンのために書き下ろした、新曲「月のウィンク」(6月22日発売予定)。また映像・WEBコンテンツ制作には、歌手の安室奈美恵やロックバンド、ONE OK ROCKのミュージックビデオなど、斬新な映像体験を提供し続ける『EPOCH Inc.』が参加。これまでにないインタラクティブな映像表現を通し、エアコンと音楽を掛け合わせた新たなライフスタイルを提案する内容に仕上がっている。

 さらに同ビデオには、東京スカパラダイスオーケストラメンバーの他に、奥仲麻琴(元・PASSPO☆メンバー)も出演しており、スタイリッシュな世界観にカラフルでポップなエッセンスを加えている。

◇東京スカパラダイスオーケストラとは ジャマイカ生まれのスカという音楽を、自ら演奏する楽曲は"トーキョースカ"と称して独自のジャンルを築き上げ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、南米と世界を股にかけ活躍する大所帯スカバンド。現在のメンバーは9人。NARGO(trumpet)、北原雅彦(trombone)、GAMO(tenor sax)、谷中敦(baritone sax)、加藤隆志(guitar)、川上つよし(bass)、沖祐市(keyboards)、大森はじめ(percussion)、茂木欣一(drums)。これまでオリジナルアルバムを19枚発売し、2015年3月にはオールタイムベスト盤『The Last』を発売した。

◇奥仲麻琴 とはガールズロックユニット『PASSPO☆』(活動開始時のグループ名は「ぱすぽ☆」)の元メンバー。22歳。2015年1月1日のワンマンライブでグループを卒業し、女優として新たな一歩を歩み始めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)